週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】クロスバイクの乗り心地


夜、運動のために自転車に乗ろうとしたら後輪がパンクしていました。空気を入れ直してみると、バルブの辺りから涼しそうな空気漏れの音。どんどん抜けていきます。一昨日はなんともなかったのに。(((自転車屋の見立てではリムとの相性が原因のスローパンクでした。)))
夜なのでパンク修理の時間がありません。暗い駐輪場での作業も嫌です。ともかく自転車に乗りたい。乗る気満々で帰ってきたのだから、とにかく乗りたい。
妻に譲ったBianchiクロスバイクを借りることにしました。ハンドルの高さは変わらないので、サドルの高さを合わせれば乗られます。
f:id:mono93:20170601231533j:image
二ヶ月ぶりのクロスバイクBianchiのCIERO。いかつく感じました。ペダルが高く、ロードバイクに比べて見下ろす感じです。なんだか大きな自転車に乗った気分。一方で深い前傾姿勢にはならず、体が立つので、大きく感じる割には窮屈。なんだか雑な乗り心地で、疲れそうです。
乗り始めるとリアは直ぐにトップに入りました。無意識のうちに重いギアを選んでいます。脚力がついたのでしょうか。
クロスバイクはタイヤが太めです。28Cです。フォークはサスペンション。ふわふわとた乗り心地です。道路のガタガタが気になりません。ロードバイクに乗っていると、ガタガタはストレスです。クロスバイクにはそれがありません。でも重い。ロードバイクのように滑るような走りを感じません。タイヤを路面から引き剥がしながら乗っているような感じです。
なんて評論家のようなことを書いていて、小恥ずかしくなってきました。そして、すっかりロードバイクに染まってしまった自分自身が恥ずかしく、罪悪感を感じます。

裏切ったのね……。

BianchiのCIELOがそう言っているようです。
いや違うんだ。ロードバイクに乗り換えたけど、ハンドルはブルホーンバークロスバイクのフラットハンドルにバーエンドバーをつけたのと変わらない。フレームはロードだけど、魂はクロスだよ。
そんな言い訳をしながら、バーエンドバーを握りました。

あ、違う。

フラットハンドル+バーエンドバーブルホーンバーではありません。ブルホーンバーを握っている感覚とは全く違います。バーエンドバーを付けたところでブルホーンバーにはなりません。絶妙なカーブがないのです。

ブルホーンバーブルホーンバー。フラットハンドルではありません。もちろんドロップハンドルとも違います。

やっぱり裏切ってるじゃない……。

 ロードバイクに乗っていても、クロスバイクを気楽に乗っている人を見ると羨ましく思うことがあります。ロードバイクに乗り始めて、肩の力が入ったように感じています。もっと気楽に乗りたい。
久しぶりに乗ったCIELOを帰ってきてからCRNと同じように拭きました。粗っぽく乗っていたのでフレームは傷だらけです。チェーンも乾拭きしました。

ああ、こんなに太いチェーンだったんだ。

痩せぎすよりややぽっちゃりの方が好きです。柔らかなふわりとした乗り心地……。

話が変な方向に向かいそうなので、中途半端だけど今日はここまで。クロスバイクの話はまた後日。

おやすみなさい。




【自転車】目下の悩み その4 チェーンの注油


日曜のポタリングの途中で、チェーンがキュルキュル泣き出しました。娘達が地獄橋*1と呼ぶ荒川河口橋の上でした。注油しておけばよかった、と後悔。
f:id:mono93:20170529232047j:image
ポタリング後に、清掃も兼ねて注油するつもりでした。日曜の夕刻にメンテすると、一週間のケジメというか区切りと言いましょうか、気持ちの整理、リセットがかけられます。土曜の夕刻だと、なんだか気持ち悪い。翌日には汚れると思うと、気が入りません。出発前のメンテが大事とは分かっていますが、清掃は締めにしたい。休日の最後に、一週間よく働きましたと、自転車と自分のメンテナンスをしたいのです。

チェーンが泣き出すのは隔週の日曜が多いようです。ログを見るとだいたい前回の注油から150km走った辺り。
平日の夜に15km走ります。早く帰られた日だけですから、週に二日ぐらい走ります。平日は30kmほど走ることになります。週末は二日間で50kmぐらい。あくまで目安ですが、週に80kmほど走っています。
つまり、基本的に隔週で週末の最後に注油するので、160km毎に注油していることになります。
でも、油切れは150km。日曜のポタリングの途中で油切れを起こすわけです。

油切れを起こさないためには、隔週の注油ではダメです。毎週の注油を心がけなければいけません。なんか頻度が多過ぎる気がします。
使っているチェーンオイルは、ウェルドタイトの「ウルトラドライワックス テフロンルブ」。

ウルトラドライワックステフロンルブ 100ml - weldtite ウェルドタイト 自転車メンテナンス 注油 洗車 パンク修理

ウルトラドライというだけあってカラカラです。汚れはほとんど着きません。オイル自体はとろりとした感じでミントグリーンの色つきなので、どこまで注油したか一目瞭然、注油作業が楽です。何より汚れないのが嬉しい。
しかし、すぐに油切れを起こします。WEBで調べても、150kmでの注油が目安のようです。

ならば、素直に走行距離が150kmに近づいたら注油、とすればいいのですが。平日の夜に走ることもあり、そうそう注油もできません。

じゃあ、毎週注油すればいいのでは? となりますが、80km毎では必要な注油の倍のペースで注油することとなり、経済的にももったいない。毎週毎週洗浄と注油ではさすがにくたびれそうです。

で、考えたのですが、毎週80km走るとして、土曜の出発前の注油、その翌々週の日曜の夕方に洗浄と注油とすれば、100km超で注油というローテーションになり、少しは楽になりそうです。

  • 平日30km+週末50km+平日30km=110km → 土曜の朝に注油
  • 週末50km+平日30km+週末50km=130km → 日曜の夕方に注油


3週間(240km)に2回の注油(120kmごと)となるわけです。

でも、実際は週によって100km走ることもありましょうし、雨が続いて50kmも走れないこともあるでしょう。そう都合よくいかないと思われます。
じゃあ、どうすんねん、って話ですが、今は妙案がありません。3週間に2回のペースで、走行距離を見ながら注油するしかなさそうです。

もうひとつ、解決策があります。それはオイルを変えることです。
以前使っていたド定番のフィニッシュラインの「ドライ テフロン ルーブ 」は、200km~300kmおきの注油でOKでした。でも、汚れやすいのが欠点です。走るたびに乾拭きするとか、オイルはきれいに拭き取るとか、そういう基本を知らないころの体験ですので、拭き取りを励行すればさほど汚れないかもしれません。

 

フィニッシュラインからウェルドタイトに変えた理由は、歩いて一分の自転車量販店が定番を変えたからです。注油しようと思ったらフィニッシュラインがなくなり、慌てて買いに行った自転車屋にはウェルドタイトしか置いていなかった、それだけの話しです。ウェルドタイトにこだわる理由はないのですが、汚れにくいので気に入っています。次もウェルドタイトと思っていましたが、一度フィニッシュラインに戻してみるのもありかもしれません。

当面は、3週間に2回のペースで注油するとして、その先どうするかは、ウェルドタイトがなくなるまで悩むこととしましょう。

ということで、目下の悩みは続きます。

 

 

mono93.hatenablog.com

 

 

mono93.hatenablog.com

 

 

mono93.hatenablog.com

 

 

*1:水面からの桁下高さは24.9m。娘達にとっては最も急で長い坂。自転車で渡るにはあまりにもつらいので、娘達は「地獄橋」と呼んでいる。

【本】『想像ラジオ』いとうせいこう著読了 タダの裏には何かある  

 


このブログというものもラジオのような感じがありますね。FMミニ放送局みたいな。

皆さん、こんばんは。おはようございますの人もいるでしょうか。夜中の10時に起きる人はそんなにいませんかね。ともかく、こんばんは。
世間では色々あるようですが、テレビを見ないと何が起こっているのかよくわかりません。うちではテレビは点けないんです。娘が録画したアニメと朝の連ドラを見るぐらいで。なので、世の中で何が起こっているのかよくわかりません。
世間は騒々しいでしょうが、我が家の土曜は一日暇でして、本を読んでおりました。読んだのは、いとうせいこうの『想像ラジオ』。芥川賞の候補に上がったりと評判のいい本ということと、木の上でラジオを放送する男の物語、ということしか知識はありませんでした。たまたま、図書館で今月のおすすめ本としてカウンター近くに置かれていたので手に取った次第です。

 


たしかに話題になるだけあって面白いといいましょうか、いい物語です。ある意味、期待を裏切られました。
木の上から放送する男、ということで、ファンタジーのようなライトSFのような、そんな世界を想像していたのですが、ちょっと違いました。結構重かったです。はい。
第一章はそこそこ面白かったかな。ぐいぐい引っ張られて、先を読みたくて眠れなくなるというものではありませんが、のんびり読み進めていけるかな、みたいな。
こういう類の本って、良い悪いではなくて、好き嫌い、自分の趣味に合うかどうか、というのがポイントになったりします。本というのは意外と難しくて、友達が面白いから読めといわれて、読んでみたら、どこが面白いの? てなことはよくあります。逆もありますよね。なんでお前、こんな面白い本を途中でやめるの? 自分を否定されたみたいで腹立たしいやら悲しいやら。
昔、パソコン通信の時代に本に関するフォーラムに参加していましたが、人には本を勧めるものではない、という斜に構えた書き込みがあったことを覚えています。確かにその通り。映画にもそんなところがあって、ぼくは人に本や映画を勧めないことにしています。

あ、話がそれてきました。そんなことを喋りたかたわけではないんです。ブログは話がそれたら削除して書き直しができますが、これはラジオなんで喋ったら流れっぱなし。元の木阿弥。やり直しが効きません。話がそれたらCMか音楽ですね。
ということで、ここで一曲。
レッド・ツェッペリンで「ホール・ロッタ・ラヴ」。胸いっぱいの愛を。

 

 

この名曲、『想像ラジオ』とはまったく関係ありません。たまたま、部屋のステレオで流れていただけです。うちのステレオはHDDプレイヤーでして、時間帯に応じた雰囲気の曲をランダムに流してくれます。なので偶然です。

また話がそれそうです。何の話でしたっけ。『想像ラジオ』でした。えっと、第一章を読んで、ボクの趣味にぴったりとはいかないが、面白く読み続けられそうだ、みたいな話でしたね。ちょっと違うか。
ともかく、第一章の頃は気分良く読んでいたわけです。最後でちょっと嫌な予感はしていましたが。
第二章になると想像ラジオのDJが正体を現しはじめまして、あ、そういうことなのね、と期待を裏切られました。ちょっと騙されたような……。今朝、娘達が妻の化粧品サンプルを見て、「無料(タダ)の裏には何かある」と話していました。サンプルの場合は無料の裏の目的が透けて見えますが、見えない善意みたいなものもあります。親切にしてくれるな、と思ったら、宗教の勧誘だった、みたいな。仲良くしていたら、突然、これ買って? みたいな。
そういう本だと分かっていれば、そう、無料サンプルです、って書いてくれていれば、嫌な気分にもならなかったでしょう。予め書評かなにかでどんな本か調べておけば、そもそも読まなかったかもしれないし、読んでも裏切られた気にはならなかったでしょう。

あ、いけませんね。これは趣味の話ですから。この『想像ラジオ』を否定するわけではありませんよ。『想像ラジオ』のテーマは重いけど誰かがやらねばならぬことですし、問題提起になりますし、想像ラジオの世界観というか設定には、こうきたか、やられた! という爽快感があります。言い訳のようになり、ウソっぽく聞こえてきそうですが、いい本です。本当に。

でも、ちょっと裏切られた感を拭い去れないんですね。卑怯じゃん、みたいな。ええ、繰り返しますが、最初から分かっていればそんなことは全く感じないんです。下調べして読めばよかったと後悔しています。でも、どんな話かわからないで読むワクワク感も捨てがたいんですよね。
まあ、これは完全にボクの趣味ですね。赤が好きか青が好きか、うどんが好きかそばが好きか、そんな話です。どっちのほうがいいか議論しても意味がない話。趣味の世界です。ひねたボクとはちょっと趣味が違ったな、という話です。
でもねですね、いとうせいこうは凄いなと思います。呼び捨てはいかんですかね。いとうせいこうさんは凄いなと思います。これをテーマにするには相当の覚悟が必要だと思います。想像でしかありませんが、これをテーマにしていいのかどうか、いとうせいこうさんも相当悩まれたのではないでしょうか。受け入れる人もいれば、反発する人もいるでしょう。実際に、色々中傷されているかもしれません。かなりの勇気と覚悟がいるテーマです。
読み手も覚悟がいるでしょう。心洗われる人もいれば、ふざけんじゃねえ、所詮は他人事、人の心の中に土足で踏み入るんじゃない、と怒る人もいると思います。私の場合は片足突っ込んでいるようなもので、あの時は書こうと思わなかったの? 遠い土地の話しだしね、と嫌味を言いたい気持ちもあります。そういや田中康夫は頑張ってたな、と昔を思い出しました。

なんか行き詰まったところでちょうどお別れの時間です。お別れの曲はこれ。リビングで勉強中の娘の鼻唄でお送りいたします。「明日があるさ」。
それではおやすみなさい。

プチッ。

しかし、なんで小学生の娘が「明日があるさ」を知っているのでしょうか。