週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

目下の悩み その2 フロントバッグの始末

「目下の悩み」が解決しないまま、次の「目下の悩み」が始まりました。
「目下の悩み」は「至福の時間」とも呼んでいます。20年ほど前、DOS/Vパソコンでconfig.sys、autoexec.batと格闘して以来、ああでもないこうでもないと試行錯誤して悩んでいる時間を「至福の時間」と呼んでいます。
f:id:mono93:20170502234832j:image
今の目下の悩みはフロントバッグである。

ロードバイクと一緒にモンベルのフロントバッグを買った。ハンドルのトップにベルトで留める円柱型のバッグだ。なかなか使い勝手がいい。
中に入れるのはスケッチ道具と文庫本。
しかし、後付の補助ブレーキの邪魔になるようになった。フロントバッグがブレーキレバーに支えれれている。そのため、バッグとレバーの間に指をこじ入れないとブレーキレバーに指がかからないのだ。バッグとブレーキレバーの間にクリアランスが必要である。
どうしたものか対応策は3つほどありそうだ。

  1. 【ハンドル交換】ハンドルを交換し、補助ブレーキを少し外側に動かす。
  2. 【アクセサリーホルダー】アクセサリーホルダーでバーを増設し、そこにフロントバッグを付ける。
  3. 【リクセン化】フロントバッグを改造し、リクセンのアタッチメントを使えるようにする。
  4. 【サドルバック化】サドルにぶら下げて、サドルバックとして使う。

 

【ハンドル交換】

投資が必要。しかも、ブレーキ、シフターのワイヤーの引き直し、ディレイラーの調整、バーテープの巻き直しといった作業が伴う。素人には一日仕事だ。
これって実は最初の「目下の悩み」とかぶる。いずれやるかもしれないが、チャレンジするとしたらバーテープ交換のタイミングと考えている。数カ月先かな。
mono93.hatenablog.com

 


【アクセサリホルダー】

やってみた。カインズでアクセサリーホルダーを2個買い付けてみた。

失敗。アクセサリーホルダーの長さ分だけしか前に出ない。バーにバッグがぶら下がる形になるので、バッグをブレーキレバーで支えていることに変わりはない。投資が無駄に終わった。
せっかく買ったアクセサリーホルダーなので、ほかに方法はないかとアクセサリーホルダーバッグを支えてはと思いついた。試してみたら効果なし。アクセサリーホルダーにぶら下げたときと変わらない。

※こちらのようにサポーターが自作できれば良いんだけど…。

Cycle/Maintenance/14-09-16/InterMax Ray'sフロントバッグ取付 - DOKKOI_INFO_Network.


【リクセン化】

アタッチメントはネジで留めるので、アタッチメントそのものを付けたり外したりができない。フロントバッグを付けない場合でも、アタッチメントは付けたままとなる。

※リクセン化については下記の記事を参考とさせていただきました。

http://run.desuca.net/2015/11/13776/


【サドルバック化】

試してみた。単にぶら下げただけでは太ももに当たって邪魔なので、シートポストにアクセサリーホルダーを付けて支えとするといいらしい。

ロードバイクにフロントバッグ、リクセン化 | 走るんですか?

駄目だった。アクセサリーホルダーの長さが短く、バックを支えることができない。長いアクセサリーホルダーを買う気にならないので、この方法はないかな。
となれば、バックサポーターを使うことになるが、入手できるサポーターは耐久性に難ありのようだ。


パンク修理キットを入れているサドルバッグで支えるという方法もあるが、なんかスマートではない。装着しづらい。
素直に大きなサドルバックを買ったほうがスマートだが、どうも気に入ったデザインのサドルバックがない。

肩がこるし、スマートではないので、リュックやウエストポーチは避けたい。自転車に積みたい。

困った。
これが目下の悩みである。

※目下の悩み その2のその後はこちら↓

 

mono93.hatenablog.com