週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】100km走りたい ~ 肩と首の痛みを克服する方法

購入時にセッティングしてもらったまま走っていました。450kmほど走って、もう少しハンドルが低くていいかなと感じ、5mm低くしました。正確には10mm低くしましたが、走ってみると低過ぎると感じたので5mm戻しました。


f:id:mono93:20170509232645j:image


ハンドルを少し低くしてから、特にフラット部を握ったときに楽になった。三年間ハンドルを低くして乗っていたクロスバイクのポジションに近いからだろうか。
ハンドルを低くして楽になったが、一時間も走ると肩と首が痛くなるのは変わらない。ロードバイクに乗り換えた当初に比べると慣れてはきたが、肩の痛みは相変わらずだ。

家を出て2km走ると荒川CRだ。そこからは信号もなくノンストップ。一時間走り続けると20kmぐらい走る。好条件であれば、一時間で20km走れるが、車も多く信号の多い道を走ると10kmちょっとだろう。日曜の湾岸なら15kmに届くぐらいだ。ノンストップで20km超走ったとしても、肩が痛くくたびれている。
一時間20km走ったあと、休憩がてらにあちこち寄り道しながら三時間ほどかけて帰ると50km超。止まるたびにストレッチをして肩と首の痛みをごまかしている。
今のところ60kmが限界である。

100kmというのが一つの壁というか、ステップらしい。100km走破すると自信になるそうだ。そこで田村浩著『自転車で100kmをラクに走る』(技術評論社)を読んでみた。

100km走るための装備からウェア、心得、ルート設定まで色々まとめられている。その中で、プランニングの際の目安として、1時間で何km走れるかを把握すること、とある。1時間で20km走れるなら、単純計算で5時間あれば100km走れるというわけだ。
荒川CRという好条件の道で元気な走り出しなら1時間で20km走れるが、実力値としては1時間で10数kmだろう。つまり、時速10数kmで100km走るなら、10時間近くかかるということだ。朝の7時に出発して帰り着くのが夕方の17時になる。
そもそも10時間も走り続けられるのだろうか。『自転車で100kmをラクに走る』では止まる時間をいかに短くするかが100km走るポイントだという。

でも、体力的に走り続けられたとしても、この肩と首の痛みには堪えられないと思う。
私の場合、肩と首の痛みを克服できなければ100km走ることは難しかろう。

この肩と首の痛みを克服するにはどうすれば良いのか。体の各部の痛みはポジショニングとフォームに問題があるといわれる。手が痛ければハンドルを上げ、お尻が痛ければハンドルを下げる等々、入門書やWEBにアドバイスが散らばっている。
どのアドバイスも、結局は試行錯誤してベストなポジショニングをさぐれ、フォームは矯正しろというだけで決定打はない。決定打はないのでヒントを得るしかない。

では、肩や首の痛みをなくすにはどうすれば良いのか。WEBで調べてみた。

体が痛い時の理由と解消法 - ロードバイク虎の巻

kogfum.net
roadbike01.info

 

hukuokarakuraku.jp


他にも色々なページがあったが、調べた結論としては、

 肩と首の痛みは筋力がないからで、
 乗っているうちに筋力がつき、痛みは消える

というものだ。
肩と首の痛みはとにかく走って鍛えれば消えるということらしい。

とにかく、がたがた言わずに走れ、鍛えろというわけだ。スパルタなのだ。

いい歳なんで、辛いんですけどね。
100km目指してとにかく走りましょうか。