週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】先ずは自転車保険


自転車に乗っていた妻がバイクと事故を起こしました。

 

事故のあらまし

薄暗くなった夕方、買い物に向かう途中の事故でした。道を横切ろうとした妻の自転車にバイクが衝突したのです。

相手方は両腕の擦り傷と足首の捻挫のようです。バイクも前の方が破損したと聞いています。

妻は頚椎捻挫と打撲、擦り傷です。
自転車はシートステーが折れ曲がり、スタンドが歪んでいました。前カゴも形が変わっています。廃車ですね。

というのが事故のあらましです。

 

自転車保険に救われる

相手方は任意保険に入っていましたが、自賠責保険が適用されることになりそうで、事故証明を取り寄せたりと手続きが面倒になりそうです。
こちらは自転車保険に入っていました。私名義ですが、適用範囲は配偶者と家族です。今回の事故にも適用されるます。

なんせ交通事故は人生初体験です。身近に事故を起こした人がいないので、どう事故処理を勧めていいのかわかりません。
自転車保険の保険会社には相談窓口があります。助かりました。保険会社の人にアドバイスをもらいながら、相手方と連絡を取りました。任意保険は適用されないことになりそうですが、そのあたりも保険会社間で話が進むので、気分的に楽です。

いや、自転車保険に入っててよかったです。

自転車保険は3年前に私がスポーツバイクに乗り始めたのがきっかけで入りました。
その頃、自転車での死亡事故で億近い賠償金が請求されたことが話題になっていました。私が走るコースでロードバイク同士の事故で、救急車を呼ぶ騒ぎになっているのを見たこともあります。
スポーツバイクは怖いなと考えていたときに、au自転車保険のことを知りました。WEBで簡単に申し込めるので入ることにしました。
保険料は倍以上になりますが、家族タイプを選びました。我が家には車がなく、家族全員が自転車に乗る機会が多いからです。

www.au-sonpo.co.jp

保険の中では安いコースを選びました。相手に対する補償だけはできるコースです。自分たちの怪我は生命保険の範囲でまかなえると考えました。
実際に事故を起こしてみると、自分の方の補償もついている一つ上のコースでも良かったかなと思います。考えてみれば、子どもたちは生命保険の対象外ですから。

 

自転車保険に入ろう

保険会社の宣伝ブログみたいになってしまいましたが、自転車保険に入っていて助かりました。本当に良かったと思っています。

しかし、とうとうやってしまいました。
安心料と思っていた保険が活躍してしまいました。

ロードバイクの入門書には、安全のためにヘルメットを被ろう、夜はライトを点けようと必ず書かれています。
でも、保険に入ろうとは書かれていません。勧めても入れとは書いてありません。

このフレームは軽いとか、ポジションがどうのこうのとか言う前に、自転車保険に入りましょう。今では自転車保険もいろいろありますので、どこの保険会社を選ぶのは任意ですが、ともかく入りましょう。


自転車保険に入り、ヘルメットを被り、ライトを点ける。ポジションとかケイデンスはその後です。