週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】目下の悩み その5 ステムかブルホーンバーか

 

ステムを交換しました。

10cmから2センチ短くし、8cmのステムです。晴海にポダリングに行った際、自転車屋を見つけ、買いました。シマノプロ(SHIMANO PRO) LT ステム(1-1/8"・クランプ径31.8) ブラックです。 

衝動買いでした。その店で一番安いステムにしましたが、シマノのブランドです。といいますか、8cmのステムはそれしかなく、選択の余地がありませんでした。まあシマノだから安心だろうと。

 

www.pro-bikegear.com


店を出て、近くの川沿いのベンチで交換作業。シルバーのステムから黒のステムに変わり、ちょっと違和感がありますが、カスタマイズ感があっていい感じかな。ハンドルは黒ですしね。
交換して走り出すと快適。ブレーキが近くなりました。

f:id:mono93:20170829225030j:image

ブルホーンバーですので、ブレーキレバーはバーの先端にあります。シフター(バーコン)も同じです。先に差し込んであります。ブレーキもシフターも一番遠いところにあるのです。

攻めのブルホーンバーですので、攻める(速く走りたい)人はバーの先端の方を握って深い前傾姿勢をとればいいでしょう。ボクはのんびり走りたいので、深い前傾姿勢をキープするのはつらいです。体幹もありませんしね。
そんなことを自慢してもしょうがないのですが、普段はハンドルの手前の方を握っていますので、停まるたび、ギアチェンジするたびに、腕を伸ばすのは面倒です。シフターはともかく、ブレーキは安全に関わる問題ですので、遠くにあるのはよろしくありません。
フラットバーを握ってゆっくり走るように、補助ブレーキもありますが、殆ど使っていません。補助ブレーキを使うには身体を起こす必要があるからです。それより前に倒れるほうが楽ですし、早いのです。でも遠い。
そこで、ブレーキを近づけることにしました。

そのためには三つの手段があります。

  1. ブレーキの取り付け位置を手前に動かす。
  2. ブルホーンバーの角(リーチ)を短いものに変える。
  3. ステムを短くする。

ブレーキの取り付け位置変更が手っ取り早いようですが、バーテープの巻きなおしを伴います。できればシフター(バーコン)も手前に持ってきたいので、あまりいい方法ではありません。見た目も間の抜けた感じになりそうです。

ハンドルの交換は面倒です。バーテープだけではなく、ワイヤー関係の張り直しが必要です。ということはディレイラーの調整も。素人には一日仕事になります。

簡単なのがステムの交換。十分ぐらいで終わります。ボトルを7本緩め、締めるだけです。フラット部が手前にきますが、だからといって乗りにくくなるわけではありません。

というわけで、ステムを交換しました。


結果、ブレーキが近づきました。ついでに、ブレーキレバーの角度を若干外向きにして握りやすくしました。今までよりブレーキングが楽になりました。
乗っている姿勢は実はあまり変わりません。ブルホーンバーは握る場所が前後に長いので、快適に握れる場所までの距離はステムの長さにはあまり影響されないのです。ステムが短くなって変わったのはブレーキ、そしてシフターまでの距離なのです。

ブレーキが近くなってめでたしめでたし――なのですが、もう2cmほど短くてもよかったかなと思いますし、いやいやそこまで短くするとフラット部を握ったときにさすがに窮屈ではないかという恐れがあります。より近くするには2つ目の方法のハンドルの交換に手を付ける方がよいかもしれません。

クロスバイクに乗っているとき、フラットバーを短く切り、端から端まで36cmにしました。ボクは肩幅が狭くなで肩なので、ハンドルは短めの方が楽なのです。
36cmのバーにバーエンドバーをつけていましたので、実際は38~39cmのハンドルの長さになります。
で、今のブルホーンバーは芯芯で40cm。端から端までですと42~43cmほどあります。感覚的にはハンドルが幅広なのです。


ハンドルを芯芯38cmに替えると、端から端までで40cm~41cm。クロスバイクで快適であった幅になります。
ハンドルを握るとき、外側から包み込むように握るというより、内側から手首を反らせてハンドルに手を載せている状態です。これだと、ブレーキレバーを握りづらいのですよね。
ハンドルの幅が狭くなると、外側から握るイメージに近づくので、ブレーキのポジションが近くなる効果も有るかと思われます。
あと、リーチ(ブルホーンバーの角の部分)を短くすれば更にブレーキが近づきます。
今目をつけているブルホーンバーは、とある自転車屋で現物を見ますと、今のプロファイルのブルホーンバーより1cmですがリーチが短そうなのです。つまり、1cmブレーキが近づきます。ハンドル幅も38cmですので、内側に1cmブレーキが近づきます。合わせて、2cm程近くなるわけです。
魅惑的ですよね。

でも、バーテープの巻きなおし、ワイヤーの張りなおし、ディレイラーの調整は面倒です。素人なので半日仕事になるでしょう。

はてさて、どうしたものでしょう。ラクにステム交換で行きますか? それともハンドルを換えますか?

というのが「目下の悩み その5」です。