週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】ビンディングシューズの立ち転け不安解消


PATRICK の靴をはきたくてビンディングシューズデビュー。初日の試走で悲願の100km走破。いや驚きです。まあこれくらい普通なのでしょうが、歳が歳なので素直に喜んでおります。

 

mono93.hatenablog.com

 mono93.hatenablog.com

ビンディングシューズはずっと避けておりました。子供との街乗りが多いので面倒です。しかも、それだけ転ける可能性が高くなります。
面倒と不安。それで避けていたのですが。PATRICK の靴に一目惚れして、ピンディングシューズを買いました。靴から入ったので、ピンディングペダルではなく、ピンディングシューズデビューです。

靴を買う決心をして、ピンディングシューズについてネットで調べてみました。
立ち転け不安の解消に役立った情報が3つありました。

 

1. 止まったときに立ち転けするので大怪我はない。

立ち転けは止まっている、もしくは停まる前の低速時に起こるそうです。スピードが出ているときの転倒の原因がピンディングということはないようです。
止まっているときに転けますから、スローモーションのように転けるそうです。そのため、大怪我にはならないとか。自転車も傷つくことは少なく、どちらかといえば、小っ恥ずかしくて心の傷のほうが大きいと皆さん言ってます。

恥ずかしいと言えば、こんなことがありました。
荒川CRを走っているときのことです。荒川CRには車止めが結構あります。そこで、立ち転けが起こりました。向こうから車止めに入ってきた四五人の集団の一人が車止めにペダルを引っかかって転けたのです。ガチャンと大きな音がして倒れていく瞬間を見ました。私は反対側を通り抜けたので、倒れた後のことは見ていません。見ちゃいけないと思ったのです。
「大丈夫ですか!」
「大丈夫ですか!」
「大丈夫ですか!」
「はい、大丈夫です」
「大丈夫ですか!」
「大丈夫ですか!」
「はい、大丈夫です」
仲間が順番に声を出します。大丈夫だといっているのに声を出します。他人行儀な言葉でした。さほど親密ではない仲間のようです。仲が良ければ笑って終わるところでしょう。
「大丈夫ですか!」
「大丈夫ですか!」
「大丈夫ですか!」
辺りに響き渡っています。
この人が立ち転けしました!
と喧伝しているようなものです。
見たかったのですが、見ないようにしました。武士の情けです。
という出来事があったことも、ビンディングシューズを避けてきた理由の一つかもしれません。

話がそれました。

止まっているときに立ち転けするそうです。
もちろん、車線側に転けて後続車が来ればお陀仏ですが……。信号等で停まるときに左側に転けるとガードレールとか生け垣に突っ込みますが、右側だと危ないですね。
でも、冷静に考えてみると、停まる時は信号。車も停まるわけですから可能性は低いですね。立ち転けの体験談では、この手の話はありません。後続に轢かれなくて……というのは別な理由で転倒したケースです。
停まるときには必ずブレーキをかけるわけで、同時にペダルからシューズを外せばいいわけです。癖になれば、難しいことではないと思われます。


2. 練習せずに走り始めると転ける。

ブログなどの記事を読んでいると、立ち転けは一回だけと書いている人の殆どが、シューズの着脱の練習をせずに走り出しています。シューズを外せずに立ち転けしているようです。
つまり、しっかり着脱の練習をしてから走り出せば転ける可能性は少なくなりそうです。
カカトをひねると外れるという理屈はわかります。でも、意外に固いようです。止まってから外そうとして、外れずに焦り出し転けるようです。
パニックにならないようにすることが肝要なんですね。


3. 正しい止まり方ができないと転ける。

ピンディングシューズとペダルを固定する前に、止まり方の練習をしなさいとあります。停まるときは右足をペダルに乗せ、左足はペダルから下ろす。停まったらお尻はサドルから前におろし、左足を地面に着く。
サドルにお尻を乗せたまま、左に車体を倒すようにして左足を着くという停まり方は危険だというのです。

これはクロスバイクに乗り始めの頃、身をもって体験しました。左足を着くつもりが右に車体が倒れ、飛び降りるようにして右足を付き、ふらつくことがあったのです。サドルに座ったままなので、足が届かず崩れるように転けたことが一二度ありました。そのうちに、自然とサドルの前に降りて停まるようになり、停車時にふらつくことはなくなりました。

実は、これって海外では当たり前の停車方法だそうです。日本はママチャリ文化ですから、サドルに腰掛けたまま、両足が地面に着くのがサドルの高さですが、海外ではスポーツバイクでなくても、サドルは高く、停まるときにはサドルから降りて止まるそうです。
実際、子どもが信号待ちでサドルに腰掛けたまま、左足で立っているのを見るとおっかなくて仕方がありません。右足はペダルに乗せていますから、ブレーキを掛けておかないと前に進みます。しかも、歩道の端は下り坂ですからブレーキをゆるめると前に進んで車道に出てしまいます。車道は車が高速で走っています。危なかしくて見ていられません。ですので、我が子にはサドルから降りてトップチューブをまたぎ、両足で立つように指導しています。

発進時は停車の逆。右足で漕ぎ出して進んでからお尻をサドルに乗せ、左足をペダルに乗せて漕ぎ進む。この乗り方です。
サドルにお尻を乗せ、左足で地面を蹴って車体を立てて漕ぎ出す、この方法だと発進時にふらつくので危険だというのです。
サドルからお尻を下ろす正しい停車、発車の作法は身についています。いつの間にか身についていました。なので、これはクリアかな。

という立ち転けの不安を解消する3つの情報。ピンディングシューズデビューの最後のひと押しとなりました。

ちなみに、ピンディングシューズで300km弱走りましたが、立ち転けはありません。未遂は一回ありますが……。信号待ちの交差点にゆっくり入っていくときに前を走っていた車が幅寄せをしてきたので停まらざるを得なくなったときです。左足がスムーズに外れたので事なきを得ました。早めの行動が大事ですね。

で、ビンディングシューズの印象まで書きたかったのですが、長くなりましたので、またの機会に。



【自転車】靴に惚れてビンディングシューズデビュー


ビンディングシューズを買いました。ビンディングシューズデビューです。

 

f:id:mono93:20170807221257j:image


ほとんどの人がビンディングシューズをはき始める目的は、効率良いペダリングでしょう。少しでも楽に少しでも早く走りたい。そのためのビンディングシューズでありビンディングペダルでしょう。
でも、私の場合はその靴をはきたかったからビンディグシューズを買いました。効率良いペダリングはおまけです。

きっかけはゴールデンウイーク。家族で高野山に猿を見にいった帰りに渋谷でスニーカーを買いました。
二年ほど垢抜けないグレーの実用本位の靴をはいてきました。私の足は甲広甲高です。小洒落た靴が足に合いません。そういうこともあって実用本位のスニーカーをはいてきました。
渋谷の靴屋で良いスニーカーはないかと立ち寄りました。でも、いい靴、というか足に合う靴がありません。やっぱりないねと諦めたとき、デザインにひかれたスニーカーがありました。予算の倍です。
はくだけはいてみようと足を入れました。ぴったり。足に吸いつきます。カンガルーの革だそうです。

www.patrick.jp


PATRICK の IRIS_WH/BK。気に入りました。足から離れない感じです。
次女がたまにはお父さんも靴を買えばと言ってくれたのでその気になり、買ってしまいました。

商品詳細ページ | PATRICK ONLINE SHOP - パトリック 公式オンラインショップ


その数日後、ゴールデンウイーク最終日。次女と新宿のサイクルショップにキャップを見にいきました。何気なく通ったビンディングシューズ売り場。なんと PATRICK のビンディングシューズがあるではありませんか。靴に引き寄せられ、手に取ります。サイズは43。私のサイズです。はいてみました。吸いつきます。ピッタリです。これ、カンガルーの革だからはいているうちに馴染んできますよ、と店員のおじさんがささやきます。いや、買ったばかりだから、と訳の分からぬ言い訳をして棚に戻し店を出ました。

商品詳細ページ | PATRICK ONLINE SHOP - パトリック 公式オンラインショップ


その日から PATRICK のビンディングシューズ POULIDOR_WHT が頭から離れません。復刻版だと言ってたな、復刻版ってたいがい限定だよな。売り切れたかな、在庫あるかな。そんなことをもんもんと考えます。思い切って買えばいいのですが、二万円。
踏ん切りがつかないのは、値段だけではありません。これまで、ビンディングシューズにしなかった理由が別にあります。
何と言っても面倒です。街中を走ることが多く、信号、自動車、歩行者、とにかく止まります。子供と一緒に乗るとさらに回数は増えます。そのたびにカチカチつけたり外したり面倒なんですね。立ち転けのリスクも高くなりますし。ネットで見ていると立ち転け通過儀礼のようです。

というわけで、ビンディングシューズのメリットは分かっていましたが、ビンディングシューズにしようかなと悩んだことは一度もありませんでした。PATRICK のシューズに出会うまでは。

PATRICK のシューズが忘れられずに、ビンディングシューズについて少し調べました。その中で、片面ビンディング、片面フラットというペダルがあることを知りました。ペダルをくるくる操作しなければいけませんが、リスクの高い街中ではフラット、走りやすい道ではビンディングという使い分けができそうです。


立ち転けに関しては、転けても大怪我にはならないことを知りました。基本的に止まっているときに立ちゴケするので、スローモーションのように転けるそうです。もっとも、後ろから車がくれば別ですが。

などとビンディングシューズを買わない理由を一つずつつぶしていき、二ヶ月目にしてようやく決心しました。

白にしようか黒にしようか悩みました。オイルやなんやらで白は汚れそうです。でも黒は作業靴みたい。汚れもまた味だと白にしました。
例によってAmazonで、と思ったら在庫切れ。楽天で買いました。

翌々日に届きました。はいてみましたらぴったり。足に吸いつきます。気持ちいいのです。スニーカーの感触と変わりません。足元から幸せ。脱ぐのがもったいないぐらいです。

週末、涼しいうちに走ると言い訳して、起きて早々にビンディングシューズをはいて出発です。ビンディングシューズデビューです。その話はまた後日。



【自転車】100km達成とビンディングペダル

ついに100km走りました。念願の100kmです。
いや、あっけなかった。

今日はビンディングペダルデビューの日でした。100km走る気はありませんでした。ビンディングシューズの練習をしたくて出発したのです。でも、100km走っちゃいました。驚きです。

 

f:id:mono93:20170730214948j:image

 

朝、涼しいうちにビンディングペダルの練習をしようと走り出しました。ビンディングペダルのことは別の記事でつぶやくとして、100kmの話。ビンディングペダルの着脱の練習をした後、どんなものか試そうと荒川サイクリングロードを北上しました。

ビンディングペダルが快適なので、いつもの調子で一時間こぎ続けました。21km地点到着。ちょっと休憩して更に一時間北上。埼玉県志木市までいきました。暑くなってきたこともありバテ気味。志木市のコンビニでお昼休憩。43km
そのときには100kmを意識していました。家に帰らないといけないので、80kmは確実。もしかしたらいけるかも。

帰りは向かい風。アスファルトから吹き上げる熱風。なかなか進まず、30分で休憩。相当体力を消耗したようです。
100kmの指南書には、無理するな、栄養補給はこまめに、水分補給も気をつけて、とあります。気合の入ったシティサイクルに抜かれようがマイペースで走ります。ミニあんぱん(5個入り100円)を1時間に1個のペースで食べました。熱中症も怖いので水分補給には気を使いました。ミネラル補給のために塩タブレットも舐めました。でも、バテてます。休憩時間は短くと言われますが、まだ12時過ぎ。慌てる必要はありません。暑い夏です。慣れないビンディングシューズでもあります。休憩はしっかりとることにしました。

 

f:id:mono93:20170730215041j:image

 

岩淵水門で少し長い休憩をとっていると涼しげな風が吹き始めました。天気は曇り、時々日が射しましていましたが、雲が分厚い雲に変わりました。あたりの空気が少しひんやりしてきました。今のうちだと走り出しました。

暑さは和らぎ快適でした。でもお尻が痛い。往路から痛かったのですが、10分漕ぎ続けるのが限界です。10分毎に止まり、しびれるお尻を休ませます。60km越える距離を何度も走ってますが、こんなことは初めて。なんでだろう、と考えたとき、ビンディングペダルかもと気づきました。ビンディングペダルで慣れた脚のポジションが変わったのかも。
ポジショニングの基本はサドル。自転車を買ったときにショップでセッティングした位置から1cm程上げています。サドルを買った時のポジションに戻し、走りました。10分が限界だったのが15分乗られるようになり、最後にはさほど気にならなくなりました。

80kmほどきたところで相当バテてきて、河川敷の芝生の上に大の字になりました。空を見上げていると分厚い雲。東の方を見ると真っ黒です。雨が降る帯も見えます。スマホで雨雲レーダーを見ると、市川市の辺りが豪雨。こちらの方には来ないようですが、いつ降る出すかわかりません。

急がないと。最後の気力を振り絞り、一気に荒川河口、南砂リバーステーションまで走りました。83km。あと17km。ここから葛西臨海公園に寄っても7km程足りなさそうです。臨海公園の2.5km周回コースで調整することとして葛西臨海公園に向かいました。
荒川を渡る清砂大橋の上で、雨がポツポツ。あとちょっとなのに……。
雨雲レーダーをもう一度見ます。かすっています。あと1時間ほど持ちそうな、もたなさそうな。
ここまできました。あと15km。今日は曇り空で涼しくがんばれました。ここまでは天候に恵まれました。この夏、こんなチャンスはもうないかもしれません。賭けです。

葛西臨海公園につくと霧雨のような雨が時折降ります。
距離調整のため、周回コースを2周半周って帰路へ。家の近くまできましたが、まだ数百メートル足りなさそうです。少し遠回りして帰宅。雨は止みましたが、自宅の周りの道路は雨で濡れていました。そうと激しく降ったようです。

自宅に戻るとサイコンは100.22km
走っちゃいました。くたくたヘロヘロです。シャワーを浴びて寝転がりたいところですが、サイクリングの後の乾拭き。

100kmありがとうとつぶやきならが乾拭きして、100km走破終了です。

 

f:id:mono93:20170730215113j:image

 

ビンディングシューズデビューの日が100km走破記念日になりました。ちょっと成長した気分です。