週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】クロスバイクのVブレーキとロードバイクのキャリパーブレーキ

 

娘が葛西臨海公園とイトーヨーカ堂改めアリオ葛西に行きたいというので、ロードバイクではなく、Bianchiクロスバイクに乗って出かけました。子供と一緒だとストップ&ゴーが多くゆっくり走ります。ロードバイクでは走りづらいのです。小刻みな街乗りはクロスバイクの方が楽なんです。

f:id:mono93:20180114221601j:image

クロスバイクはやはりいかつい。大柄で大雑把。雑に乗れる感じがします。
今回、クロスバイクに乗って気が付いたこと、というか感じたことはブレーキのことです。
クロスバイクVブレーキ。Vブレーキはガツンと効くといわれます。なるほど、ガツンでした。ロードバイクキャリパーブレーキとは違います。キャリパーブレーキの感じでブレーキをかけると、ガツンと急ブレーキとなり逆に危ないのです。VブレーキにはVブレーキのかけ方があると改めて感じました。このガツンが、キリッと止まれることにつながり、小刻みな街乗りには良いのかもしれません。

何かの本で、ロードバイクキャリパーブレーキは制動装置というより速度制御装置だと書いてありました。つまり、停まるための装置ではなく、スピードをコントロールするための装置だというのです。ロードバイクロードレーサーとも呼ばれ、そもそもレースの自転車です。停まることより早く走ることが優先されるわけです。コーナリングなどスピードコントロールが必要ですので、そのためにはVブレーキよりキャリパーブレーキなんですね。
クロスバイクといっても Bianchi の CIELO はサスペンションのフォークでMTB寄りのクロスバイクです。MTBには乗ったことがないのですが、オフロードではガツンと停まるVブレーキの方が有効なのでしょうか。

今、欲しい欲しい病*1で折りたたみ自転車のサイトを眺める毎日ですが、ブルホーンバーでブレーキを先端に付けるためにはキャリパーブレーキのほうが都合がよいのです。でも、キャリパーブレーキは走り重視のハイエンドの高いモデルにしかありません。Vブレーキのほうが多いのです。折りたたみ自転車は街乗りを主目的としているからなのでしょうか。となると、Vブレーキでもいいのかなと考えています。もうすっかり折りたたみ自転車を買う気になってますね。気持ちだけですけど。

 

mono93.hatenablog.com

 

今回、クロスバイクに乗って、やっぱりクロスバイクもいいものだと思いました。ちょっといいママチャリのつもりで買ったクロスバイク。こんなに自転車って走るんだという、初めてペダルを踏んだときの感動。軽く走るので遠くにいけてしまう。意外にお台場や日本橋が近かったことに気が付き、20キロ程度なら公共交通機関より早いことに驚きました。これならどこでもいけるじゃないか。
少しでも早く走りたいなんていうのは私が求めていた自転車ではないと、伊藤礼氏の自転車エッセイを読んで再認識したばかりですが、クロスバイクに乗って初めてのスポーツバイクの感動を思い出し、求める自転車とは何か再々認識した次第です。

だから、折りたたみ自転車がほしい

結局、そこに行き着きます。

 

 

 

 

 

*1:いわゆる物欲です。

【本】本数珠つなぎ9冊目『二・二六事件』

 

本数珠つなぎ9冊目は、


二・二六事件平塚柾緒 著(河出文庫

 

二・二六事件 (河出文庫)

『日本のいちばん長い日』の次は二・二六事件
『日本のいちばん長い日』は太平洋戦争を終わらせた日の記録でした。

 

mono93.hatenablog.com

 

では太平洋戦争に突き進む政治的下地となったといわれる二・二六事件では何が起こっていたのでしょう? 戦争を終わらせた鈴木貫太郎二・二六事件にも名前が出てきます。彼は二・二六事件で何をしていたのでしょう?

二・二六事件陸軍若手将校のクーデターでした。終戦の日にも陸軍若手将校のクーデターがありましたが、動機は違います。どちらも天皇陛下を祭り上げて入るものの、動機、目的が違います。
終戦の日のクーデターは戦争を続けるためのクーデターでした。日本という国体を守る為でもあったのですが、陸軍の面子、軍人の意地でありました。終戦は今までの軍人としての自分を否定するものであり、敗戦ではなく終戦は己が己に負けるものであったのです。国体を守ることが目的ではあったでしょう。でも、軍人の意地も見え隠れします。
二・二六事件は飢えた国民を救うためでした。世界恐慌、飢饉による飢餓から労働者、農民を救いたい、その為には政治を変えねばならぬ、腐敗した政治家を討伐し、国民を救うための政府を樹立するのだ、昭和維新だ、というのか二・二六事件の思想でした。
『日本のいちばん長い日』を読むとクーデターを起こした軍人達に少し同情しましたが、二・二六事件の背景を知ると、終戦の日のクーデターは私情に見えてきます。やはり物事は知らないといけませんね。

『日本のいちばん長い日』と『二・二六事件』で印象が変わったといえば昭和天皇です。終戦を望み、反対する軍人がいれば直に話をして説得するとまで言った昭和天皇ですが、二・二六事件のクーデターには厳しく接しています。クーデターは反逆だ、即時鎮圧を命ぜられたといいます。確かにそうでしょう。甘く接すれば同じことがまた起こります。そこまではいいでしょう。問題は事後処理です。反逆者を厳格に裁けと命じます。まあ、そこもいいでしょう。反逆者の言い分を聞き、裁判をいたずらに長引かせるのは次なるクーデターを生むとして、断固たる態度で早急に判決を下せというのです。しかし、厳格かつ早急に裁けと命じたことが暗黒裁判をうみます。
天皇の意思を受け、二・二六事件の裁判は暗黒裁判となります。判決は有罪ありき、行動だけを裁き、動機は聞かない。裁判というより尋問だったそうです。クーデター主犯者たちは、私欲でクーデターを起こしたのではない、国民のために奸賊を成敗し、国民の貧困を救うために新政府を樹立したかった、その思いだけは伝えたかったのですが、クーデターの動機を語る場は与えられないまま、極刑が下されたのです。
昭和天皇が暗黒裁判を望んだのかは分かりませんが、天皇の言葉が暗黒裁判として実行されたのは事実です。
クーデターと向き合おうとした終戦の日昭和天皇。クーデターを反逆と決めつけ断固たる態度で挑んだ昭和天皇。状況が違ったのでしょうが、乖離を感じます。

 

さて、クーデターで襲われた閣僚の中に鈴木貫太郎がいました。終戦に尽力した総理ですが、二・二六事件当時は侍従長でした。彼は銃撃を受け倒れます。しかし彼は一命を取り留めます。鈴木夫人の一言で命拾いしたのです。
鈴木貫太郎は瀕死の状態でした。襲撃者がとどめをさそうとしたとき、傍らに座っていた鈴木婦人が静かに言いました。

 

「もうよろしいのではないですか」

 

夫人の一言に襲撃者はとどめをささずに立ち去ります。そして鈴木貫太郎は一命を取り留めました。夫人の一言が夫を救い、太平洋戦争を終わらせた首相を救ったのです。もし、このとき鈴木貫太郎がとどめをさされていれば、終戦はなかったかもしれません。

 

『日本のいちばん長い日』終戦の日を知りました。二・二六事件で戦争へ突き進む軍部を生んだ日の出来事をを知りました。であるならば戦争を始めた日には何があったのでしょう?
ということで、本数珠つなぎ10冊目は『十二月八日と八月十五日』半藤一利著(文春文庫)です。

 

 

【自転車】乗る前の点検とスローパンク

 

必ず乗る前の点検、チェックをしろ

どんなマニュアル本を読んでも書いてあります。ハンドル、ブレーキ、タイヤといった命に関わるものは当然、自転車を少し持ち上げて落とし、異音がないかチェックしろといいます。

安全に走るために乗車前チェックを行おう - ロードバイク虎の巻

一応、簡単なチェックはします。タイヤに空気を入れて空気圧チェック、自転車を押しながらブレーキのチェック。落として異音がないかのチェック。異音といっても何が異音なのか分かりませんが、とりあえず落としています。こぎ出してからはビンディングシューズの着脱も試します。

で、先日、タイヤのチェックをせずに走り出し、スローパンクにあいました。

 

f:id:mono93:20180111080842j:image


前日に空気入れたばかりだし、短距離しか走らないからまあいいか、と空気圧を見ずに乗り始めました。他のチェックは実行しました。道具は要りませんし、自転車を押しながら出来ることなので、面倒ではありません。面倒な空気圧だけはさぼったのです。その結果、10kmほど走ってスローパンクに気が付きました。

 今日は進まない
 自転車が重く感じる
 昨日の疲れが抜けてないのかな
 というか疲れてヘトヘトになるほど乗ってないぞ

などと重いペダルを踏んでいました。
ビンディングシューズをはき、ホイールを替えて軽快になったはずです。でも、スニーカーでがに股にこぐロードバイクにグングン差を広げられます。追い抜こうとは思いませんが、ついていけないのがくやしい。

 抜かれてもムキになるな
 競走する必要なはい
 そもそも脚力がないのだから相手にもされんだろう

と冷静に振舞おうとしながらも、

 負けるものか
 負けて悔しい

と頑張ってしまいます。ちっぽけなプライドです。捨てるべきプライドですが、ついムキになります。
でも自転車がついてきません。ペダルが重い。

 自転車が悪いのではない
 お前には脚力が全くないのだ
 修行が足りんのだ

と凹んでいたら、後輪に異音を感じました。なんだろうと後輪を見ると、タイヤがぺちゃんこでした。スローパンクです。
そりゃ進みませんわ。

パンク対応グッズは一通り持っていました。チューブ、タイヤレバー、ボンベ、ミニポンプ。チューブを交換してしまえば安心ですが、スローパンクですのでチューブが原因とは言い切れないところがあります。というのは言い訳で、チューブ交換は面倒だな、空気を足せばなんとかなるんじゃないか、ということで、ミニポンプで空気を入れて応急処置ですますことにしました。

指でタイヤを押して固さで空気圧を考えながら、頑張ってポンプを押しました。でもある固さ以上になりませんでした。7barの空気圧が必要ですが、5barも入っていないと思われます。
それでも乗れそうなので、当初の予定通り、隅田水門折り返しの25kmを走りました。空気が抜けていたら、また足せばいいやと、呑気なものです。どうにもならんかったら、チューブ交換すればいいわけです。
後輪を気にしながらの15kmでしたが、いつもの軽快な感じで走れました。

無事家に帰りました。エアーポンプをつなぐと空気圧は4bar強でした。
空気を入れ直しても数時間で抜けていきますので、チューブを交換しました。水につけて調べてみると、原因はチューブのセンターを走る継ぎ目でした。継ぎ目が裂けて空気が抜けていたのです。粗悪品ですね。マビックのチューブなのに………。

とまあ、くたびれただけで事なきを得たスローパンクですが、反省ですね。

乗る前点検は忘れずに。