週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】私家版:ビンディングシューズの心得

 

PATRICKのシューズをはいて自転車に乗りたくてビンディングシューズを始めました。格好から入ったというやつです。

で、先にも書いたように初めてのビンディングシューズで念願の100km走破。最高気温が33度を越える炎天下のことでした。ビンディングシューズの効果でしょうか。楽にペダリングができるようになりました。ビンディングシューズにしてよかったと思います。

 

mono93.hatenablog.com

 

ビンディングシューズで走るようになって、「ペダルを回す」という意味がようやくわかりました。意識せずにペダルが回っている感じがします。
フラットペダルのときにも意識はしていました。でも、くるくる、という実感はありませんでした。ビンディングシューズにすると、くるくるくるくるペダルが回っていることが分かりました。チェーンの回転音まで違ってきます。

ペダルはシマノ 片面SPDペダル PD-A520です。片面がSPD、反対側がフラットになっています。状況によって使い分けできます。

 


先日、週末の公園を走りました。人が多いのでフラット側で走りました。その公園は、起伏が多く、長めの坂もあります。坂をフラットペダルで上ったとき、ビンディングシューズと比べペダルが重いと感じました。ビンディングシューズは効果ありますね。始めて良かったと思います。

さて、ビンディングシューズを始めるにあたって調べたこと、ビンディングシューズで漕ぎ始めて分かったことをまとめてみました。慣れてきて油断しつつある自分への戒めです。忘れないように書き留めます。

私家版:ビンディングシューズの心得

ゆっくり走るときに転ける。

前にも書きましたが、走っている間はコケません。スリップとか障害物、事故ではコケますが、それはもうビンディングシューズがどうのこうのとは別の話。ビンディングシューズが原因でコケてしまうのは、止まるとき、走り出すとき。どちらもゆっくり走っているときです。つまり停車時、発車時にシューズは外しておけばコケないのです。


正しい停車、発車を身につける。

サドルからお尻を降ろしてから止まる。止まっている間はサドルに腰掛けずにトップチューブをまたぐ。走り出してからサドルにお尻を乗せる。
サドルに腰掛けたまま、左足のつま先で立とうとするとふらついてコケるのです。正しい停車、発車を心掛ければ、コケるリスクは小さくなります。


先ずは着脱の練習から。

ビンディングシューズを始めていきなりコケる人は、外れなくてコケる人が多いようです。やってみると分かりますが、想像していたより外す力がいりました。
はめる方は力はいりませんが、はまるポイントはやってみないと分かりません。
ということで、始める前に十分着脱の練習をしておけば安心です。やらないといきなりコケます。多分。

 

左足はいずれはまる。

発車のとき、先ずは右足を固定してからペダルを踏み込み、前進してから左足を固定します。もたもたしているとふらつきます。左足を見てもふらつきます。シューズを固定するときは足元を見るなと、皆がアドバイスしています。でも、慣れないとなかなかはまりません。
そんなとき、はまっていなくても左足のペダルを踏み込むことが肝要です。ふらつかないために前に進み続けるためです。前に進む限りコケません。ペダルを踏んでいると、いつの間にか左足もはまります。

 

曲がる側の足を外す。

サイクリングロードで若いお兄ちゃんがUターンのときにコケるのを目撃しました。Uターンのときは右に曲がります。で、右にコケました。曲がる方向に車体は傾きますから、曲がる方向にコケます。反対側の左足は外していたようですが、右足は外していなかったようです。
Uターンだけではなく、ゆっくり曲がるときは曲がる方向のシューズを外しましょう。


車止めでは下りる。

荒川CRに入る坂道の途中に、U字型の車止めがあります。いつものように下車して通ろうとしましたら、TTのお兄さんが乗車したまま車止めに突っ込みました。お兄さんは派手な音を立ててコケそうになりました。慌ててシューズを外してなんとか立ち直りました。ヨタヨタガチャガチャと通り抜け、クソっと毒づく風にシューズをはめようとしましたがはまりません。無理に外したのでトラブルがあったようです。
その後は知りません。武士の情です。お兄さんを見ないように自転車を押して車止めを通り抜け、荒川CRに入りました。
ということがあり、無理かなと思う車止めは降りて通ることにしました。コケる方がよほどかっこ悪いです。

 

紐の緩さは遊びのうち。

ビンディングシューズをペダルから外すとき、かなり力がいります。シューズに遊びがない方が外れやすいだろうと紐をきつく結ぶようにしました。ピッタリしている方が漕いでいるときに遊びがないのでこぎやすかろうとも思い、日に日にきつくなっていきました。そのうち膝に痛みを感じました。脚も窮屈です。サドルやクリートの位置をいじりましたが変わりません。
で、紐を当初のように自然に締め付けて結ぶと楽になりました。
遊びが必要なんですね。

 

人の後ろを走るときは外す。

娘の後ろを走るときは、娘のペースでの運転となります。いつ娘が止まるのか分かりません。ちょっとヒヤッとしたことがありましたので、娘とゆっくり走るときはシューズを外すことにしました。
人が多い公園の中でゆっくり走るロードバイクの後ろを間を空けて走ったときでも同様のことがありました。
人の後ろをゆっくり走るときはシューズを外すことにしましょう。

 

 

以上がビンディングシューズについての自分なりの心得です。そうじゃないでしょ、ということもあるかもしれません。
ムキにならず、軽く長く走るのが目的です。ガンガン飛ばすことは考えていません。という中での私ながらの心得です。

最近、出発前にビンディングシューズの着脱の確認をするようにしました。トラブルがないかの確認もありますが、慣れるなよ、という戒めでもあります。

ビンディングシューズは楽しいです。ロードバイク乗りの仲間入りできたという喜びもあります。でも、それは転ばなければの話。コケないよう、心得を守っていきたいと思います。

 

 

mono93.hatenablog.com

 

 

mono93.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【本】本数珠つなぎ1 『樽』F・W・クロフツ著

 

もう30年ぐらい前、関西ローカルの深夜番組に「美人数珠つなぎ」というコーナーがありました。美人に美人を紹介してもらい、究極の美人を見つけようという企画です。
本の世界でもそれをやってみようと、解説や巻末の広告、本文内での引用など、読んだ本の中で紹介されている本を読んでいくことにしました。というか、そういう読み方は皆さんされていると思います。

で、第一弾はF・W・クロフツ『樽』創元推理文庫
『樽』を本数珠つなぎのトップバッターに選んだ理由は特にありません。たまたま、数珠つなぎをしてみようと思ったときに読んでいた本が『樽』だっただけの話です。

この『樽』は本格推理小説の古典だそうです。本格推理小説を語るときに欠かせない一冊とのこと。ミステリ小説黄金時代の幕開けとなった作品です。
ということはあちこちで見聞きしていたのですが、なんせその辺りの書店には並んでいません。図書館でたまたま見つけました。
数珠つなぎをやる上で、図書館は欠かせません。売れ筋の本とは限らないからです。これからも図書館頼りとなるでしょう。

この『樽』。戦前に書かれた推理小説で、まだ指紋が犯罪捜査の証拠として使われていなかった時代の話です。
名探偵は出てきません。ロンドンの刑事、パリの刑事、弁護士、弁護士に雇われた私立探偵がコツコツとインタビューして回って事件を足で解決していく推理小説です。まあ、アドベンチャーゲームみたいなものですね。インタビューしているうちに情報が集まって事件が解決してしまう。闇雲にインタビューして回っても意味がありませんし、知り得た情報を再構築して謎を解いていくわけですから、時間が解決するわけではありません。それなりの頭脳が必要です。まあ、私など、再構築するには頭が悪すぎてついていけませんでした。
アリバイ崩しがテーマとなっており、奇をてらったトリックは出てきませんが、謎が謎を呼び、なかなか読み応えがあります。つまり、やや退屈。複雑すぎてついていけません。でも、最後にアリバイが崩れたときになるほどと感心。でもでも、ちょっと無理矢理感は否めません。
この小説には筆者のミスが一つあるそうです。犯人さんがし、アリバイ崩しを楽しむとともに、筆者のミスを探しながら読むのも一興です。

ということで、この次に読むのは『黒いトランク』(鮎川哲也著)の予定です。『樽』に触発された鮎川哲也のデビュー作だそうです。

 

 

 

【自転車】目下の悩み その6続き 第三のホイール マビック キシリウム エリート

目下の悩み その6の続きです。

 

mono93.hatenablog.com

 

ホイールを交換するにあたり、肝要なのは軽さと剛性であることはわかりました。あれこれ調べて悩んだ結果、ZONDAに決めました。ZONDAにするとどれだけ変わるのでしょうか。今ついているホイール、アラヤのAR-713というリムをベースにしたホイールはどんなホイールなのでしょう。

f:id:mono93:20171001215332j:image

検索すると、分解して細くスペックを調べた人がいました。その方の考察によると、アラヤは丈夫なようです。

femoghalvfems.info

エンデューロなんかだとトラブルを避けるため、重さより頑丈であることを選択することもあるようです。自転車でどこそこ一周とか、長距離というより長期間走る人はコストパフォーマンスも考慮し、安いホイールを乗り潰すような使い方もするとか。重い=悪だけではないのです。丈夫さも必要なんですね。

Raleigh CRN 完成車のアラヤのホイールの重量は2キロ超。いわゆる鉄下駄と揶揄される部類に入ります。ZONDAにすると五百グラム軽くなります。その意義が額面通りなのかは乗ってみないと分かりません。先人の皆様の評価を信じましょう。

ZONDAのスポークの張り方はカッコいいです。でも、気取り過ぎてる感があります。なにより、大丈夫か? これでレースに出たりする人が多いので、大丈夫なのでしょうね。
ZONDAはそのスポーク張り方により振れ取りが難しいそうです。100%振れ取りはできないという人もいます。
それとメンテナンス。フリーハブがカップコーンとかいうもので、定期的な分解掃除とグリースアップが必要なようです。メンテナンスも自転車の楽しみのうちですが、できれば気にせず走りたい。
とあばたが見え始めると、次々あばたが見つかります。

荒川CRでゴロゴロしてます。

こういわれると悩みます。月並みは嫌なんです。人生の選択はマジョリティですが、モノを買うときは常にマイノリティなのです。全てが全てマイノリティになろうとしているのではないのですが、そうなっちゃうのです。
小学生のときから常にマイノリティです。自転車もラジカセもウォークマンもパソコンもモバイル機器も常にマイノリティでした。ロードバイクもマイノリティです。
マイノリティは苦労することも多々あるので、今度こそ世の中の流れに乗ろうと買い物に挑むのですが、やっぱりマイノリティの道を選んでしまいます。人生の選択は平凡ですけどね。

初めてのホイールならZONDA、ZONDAなら間違いない。

ほんまにZONDAでええんか?
メンテナンスの心配をするのは面倒です。派手な割には月並みなのもなんだか……。悩み始めました。もう少し調べてみることにしました。

調べてみると第三のホイール、Mavic(マビック)のKsyrium Elite2017というホイールが出てきました。十万円は越えませんが、ちょい高め。

shop.mavic.com

マビックはホイールにタイヤとチューブがセットになっているそうです。三位一体。ホイールとタイヤとチューブをトータルで考えよう、すべてのパーツが一体となってこそ最高のパフォーマンスが発揮される、というわけです。
セットになっているタイヤ、チューブ合わせると二万円弱。ホイールだけだと七万円ぐらいでしょうか。やっぱりちょい高めですね。
でもって、このKsyrium Eliteは日本では正規ルートで輸入されていないようです。マビックの日本語版ホームページにはないのです。米国向けサイトにはあります。手に入れるには海外の通販サイトで買うか、並行輸入品とやらを買うしかなさそうです。となると、マビック ケアとかいう保証は受けられません。そのため、マビックのホイールを取り扱う業者が独自で保証プランを提供しています。ちょっと面倒くさそうです。
とはいえ、Ksyrium Eliteはメンテナンスフリーだといいます。専用のオイルを入れる必要はあるそうですが、フリーハブは防水防塵。丸洗い出来ちゃいますね。フレも少ないようです。細かいことを気にせずに乗られるわけです。トラブルのリスクが少なくなります。
用途としてもロングライドからヒルクライムまで幅広いようです。加速するとよく回るので、調子こいて回してスタミナ切れ、という話も目にします。これは他のホイールでもあるようですが。
まあ、オールラウンドのようで、使っている人も多いとか。マイノリティではないようですが、ネットの書き込み数ではマイノリティかな。
デザインはパッと見シンプル。気を衒ったところはありません。オーソドックス。スポークが黒いので締まった感じで、黒のクロモリに合いそうです。フリーハブの色は多色展開。差し色のレッドにしようかと思いましたがやめました。とある量販店で実物を見ましたが、アクリル絵の具で塗ったように安っぽいのです。しかも差し色と言うには目立ちすぎます。ならば白かとも思いましたが、やはり安っぽく見えます。買うなら黒かな。

ネットの記事を見ていると、ZONDAはスポークの張り方以外に蘊蓄は見当たりません。黙ってZONDAにしとけみたいな。
でも、エリートは理詰めできます。こういう蘊蓄は好きです。でもってメンテナンスフリー。オールマイティ。フリーハブに関しては回らないと不評のようですが、空回りに意味は無い、というマビックの開き直りもいいですね。空回りよりメンテナンスフリーを選択したわけです。本当にマビックのフリーハブがダメならプロも採用しないでしょう。

で、ポチ。続きは後日。

item.rakuten.co.jp