週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【本】本数珠つなぎ 7冊目『史上最大の作戦』

 

大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』の次は戦争映画原作つながりで本数珠つなぎの7冊目は史上最大の作戦『The longest day』です。

史上最大の作戦コーネリアス・ライアン著

ビッグXことロジャーが指揮した大脱走1944年の春のことでした。その3ヶ月後、連合軍はノルマンディーに上陸しました。それ以降、ドイツ軍は衰退し一年で無条件降伏することになります。

 

mono93.hatenablog.com

 

ノルマンディー上陸作戦は成功し、連合軍はフランス解放の足がかりとします。作戦は大成功だったのですが、史上最大の作戦を読むとそうは思えません。空挺隊も上陸部隊も計画とは違う場所に降り立ち、上陸したのです。空挺隊は、沼地や海に落とされ、溺れ死んだ者も多数いました。上陸部隊に至っては、上陸する前に攻撃を受けることなく船ごと沈んだ兵士もいたようです。映画プライベート・ライアンで描かれたように悲惨な戦場となったのです。ノンフィクションですので淡々と書かれていますが、暗澹たる気持ちになりました。
もし自分が兵士であったら。上陸艇の先頭に立たされていたら…………。臆病者なので誰かの死体の影に隠れて死んだフリをするかもしれません。死んで花実が咲くものか。

ノルマンディー上陸作戦の端緒は連合軍にとって燦々たるものでしたが、ドイツ軍の見通しの甘さに助けられました。大きな被害を出しながらも成功し、ヒトラー自決の始まりとなりました。俯瞰的に見ると意義のある戦いでしたが、個々の兵士にとっては不幸の始まりであり、人生の終わりであったのです。

戦争って何だったのでしょう。大脱走にも書かれていましたが、ヒトラーへの憎悪が兵士たちが戦うエネルギーになっています。イスラム圏とキリスト圏の戦いも相手への憎悪の上に成り立っています。戦争の始まりは利害の衝突でしょうが、憎悪無くして戦争は維持できないのでしょう。その憎悪を維持し拡大するためにプロパガンダがあるわけで……。

難しい話は向かないので閑話休題

今、『あなたの体は9割が細菌』アランナ・コリン著(河出書房新社を読んでいます。そこにノルマンディー上陸作戦が出てきます。1944年は抗生物質が量産された年でした。抗生物質ペニシリンが登場するまで、人は小さな傷から感染症になり死に至ることが多々ありました。抗生物質は人を感染症の死から救ったのです。ノルマンディー上陸では沢山の負傷者が出ました。彼らの命を救ったのが抗生物質だったのです。1944年は細菌にとっても転換の年であったのです。

さて、史上最大の作戦という邦題は、映画『The longest day』の公開のときに付けられたそうです。当時、映画会社の広報であった映画評論家の故水野晴郎氏の命名でした。規模においてノルマンディー上陸作戦を越える作戦は未だないそうです。
原題の『The longest day』は、ドイツの名将「砂漠の狐」ことロンメル元帥の言葉から付けられたようです。ロンメルは大西洋沿岸防衛の責任者でした。ロンメルは連合軍の上陸は避けられず、その日は両軍にとって一番長い日になるだろう、と語ったといいます。その一番長い日にロンメルはベルリンにいました。妻の誕生日にあわせベルリンに帰っていたのです。もし、ロンメルが現場にいれば、ドイツ軍はノルマンディーを防衛できていたかもしれません。

ということで、本数珠つなぎの8冊目は半藤一利著の『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』にしました。連合軍とドイツにとって一番長い日がノルマンディー上陸作戦の日、D-dayであったならば、日本のいちばん長い日に何が起こったのでしょうか?

 

 

         

【自転車】【本】『バイクパッキングBOOK』 ~あこがれの自転車旅

 

ブログのサブタイトルの通り、スケッチしながら北海道一周にあこがれています。でも、時間的、体力的、経済的に難しかろうと思っています。定年後に真似ごとでもできればと考えてはいますが。

というわけで、バイクパッキングには興味があります。

で、『バイクパッキングBOOK 軽量バッグシステムが創る新しい自転車旅』北澤 肯著(山と渓谷社

そもそもバイクパッキングどはなんでしょう。
最近雑誌やネットで目にする記事から、でっかいサドルバッグを付けることがバイクパッキングかと思っていました。小さなサドルバッグやツールボックスに収まりきれない荷物をリュックではなく自転車に取り付けたバッグに入れることがバイクパッキング、そう思っていました。
でも違うんですね。

『バイクパッキングBOOK』によりますと、バイクパッキングには次の要素が必要のようです。

 

(1)自転車で旅をすること。

バッグパッキングという旅の形態があります。必要な器材一切をバッグに詰め込み背に背負って自然の中を歩いて旅をすることです。宿泊はテント、野宿などが基本です。場合によっては水、食料も自然の中で調達しながら、背負ったバッグ一つで野山をキャンプしながら旅をするのです。
その歩行による旅を自転車でやろうというのがバイクパッキングなのです。ですから、短期間であれ、旅と呼べるライド、自転車旅行でなければバイクパッキングと呼べないのです。例え日帰りであっても、行った先で自分で調理した食事をするぐらいのことは必要なようです。

(2)バッグは自転車の基本構造のパーツに取り付けていること

つまり、フレーム、サドルポスト、ハンドルバー、フォークのいずれかに、バッグを直接取り付けた状態です。キャリアを取り付け、キャリアにバッグを載せたり取り付けることは、バイクパッキングとは呼ばないようです。
自転車はMTBでもロードバイクでもなんでもいいよく、とにかくフレームに取り付けることが肝要です。
キャリアに取り付けた方が、たくさん詰めます。ですが、車体が重くなるというデメリットがあります。輪行などでは輪行袋への出し入れのたびに、キャリアの着脱も必要になってきます。
フレームなどに直接に取り付けると、そういうデメリットはありません。車体も軽く輪行が楽になります。特に山の中など整備されていない道なき道を走るトレイルでは、自転車のコントロールもやりやすくなります。デメリットとしては、積む荷物に大きさ、重量の面で制限があるということでしょうか。

などと堅苦しいことが書かれていますが、筆者の方もそんなこと気にせず自由に自転車を楽しんで下さい、と言われることでしょう。ただバイクパッキングとはなんですかと問われれば、バッグを取り付けた自転車で旅をすること、と答えざるを得ない、それだけのことです。
それと、道なき道を走る喜びにこだわりがあるのかなと、本を読んでいて感じました。舗装された道よりも、がたがたの山野を走る楽しさをみんなに知ってもらいたいのでしょう。

というわけで、『バイクパッキングBOOK』では、フレームバッグの紹介、バイクパッキング向けの自転車の紹介だけではなく、オススメのキャンプ道具、その使い方、コース設定、心得などの紹介もしてあります。この本を読めば、明日からバイクパッキングを楽しめる、というわけです。まあ、読むだけではダメで、理解して実行するエネルギーが必要ですけどね。あと少しばかりのお金と時間。

『バイクパッキングBOOK』を読んでいると妄想が膨らみます。お金と時間を言い訳にしますが、実行に移せないのは度胸がないのが一番ですかね。
北海道を車で一人旅したとき、車中泊を繰り返しました。場所によっては車の中でも怖かったのを覚えています。襟裳岬では強風で車がガタガタ揺れますし、羅臼の岸壁の下で寝たときは落石に脅えました。阪神・淡路大震災の後でしたし、北海道のトンネルで落盤事故があったばかりで臆病になっていました。まあ、そのうち寝ちゃいましたけど。
暗闇の中、薄いテントの中で一人で眠る。結構勇気がいることだと思います。

荒川河口橋西岸に穴場があります。人があまり来ない静かな場所。自転車で通るやつはまずおらんだろう、という場所。そこで、携帯ガスコンロで珈琲を沸かしている男を見ました。東京湾に流れ込む荒川を眺めながら、珈琲が落ちるのを一人静かに待っていました。
彼の後ろにはピカピカに磨かれたランドナー。箱状のフロントバッグも付いています。堅苦しくいえばバイクパッキングとは呼べないのでしょうが、精神はバイクパッキングと同じ。

携帯ガスコンロを買おうかな。

でも珈琲はダメなんですよね。かつて好きでしたが、胃を悪くして飲めなくなりました。行き先でポコポコ珈琲に憧れます。紅茶じゃないですよね。ココアかな。ココアなら雰囲気出るかも。

 

【本】本数珠つなぎ 6冊目 『大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』

 

本数珠つなぎ6冊目は『大脱走』と間違えて借りた

大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』サイモン・ピアソン著(小学館文庫)

ポール・ブリックヒル著の大脱走は映画の原作となったノンフィクション。大脱走を俯瞰的に描いています。脱走の様子は詳細ですが人物の方はさらりとして、深く踏み込んでいません。

 

mono93.hatenablog.com

 

大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』大脱走のリーダーであったロジャー・ブッシェル少佐の34年の生涯を描いた伝記です。ビッグXと呼ばれたロジャーの人物像に迫った大作です。
大脱走は1944年。本作は2012年に上奏されています。60年以上の時が経ち、関係者の多くは亡くなっており、残された文献が中心になっています。その中にはロジャーの個人的な手紙が含まれており、彼の女性関係のだらしなさも明らかになっています。

そう、ビッグXは英雄ですが、それってどうなん? といった面もありました。
光が当たっているところだけでビッグXを語ると、

9ヶ国語をしゃべり、
スキーの国際大会に出るほどのアスリートであり、
ケンブリッジを出て弁護士となった文武両道の人物です。
統率力、判断力、人望、頭脳、勇気、実行力、そして反骨精神を持ち合わせた英雄です。
大脱走というビックプロジェクトを成し遂げただけのことはあります。

影の部分に目を向けると、

貴族社会に憧れ
女にだらしない男であり、
未練たらしく
自惚れ屋であり、
身勝手であり、
そしてスパイでした。
ノンフィクション、映画の『大脱走』では触れられていませんが、ビッグXはスパイだったと思われるのです。

捕虜のスパイ行為はジュネーブ条約違反だそうです。であるが故に、ビッグXことロジャーのことはあまり公にはなっていませんでした。ヒトラーを激怒させ、ドイツ軍を混乱させた大脱走という偉業を成し遂げた人物でありながら、実在の人物としてのロジャーは日の当たる場所には出てきていませんでした。その背景には、スパイ行為を行っていたと思われる影の部分があったからなのです。ジュネーブ条約違反ですから意図的に隠されていたのですね。

映画『大脱走』のビッグXにはどこか暗いところがありました。周りの登場人物の健全な明るさに比べ、陰気な感じが否めませんでした。スパイだったという影の部分を暗に演じていたのかもしれません。というと勘繰りすぎでしょうか。

映画『大脱走』に出てくる登場人物は、実在の人物を少し変えていたり、二人の人物を一人の人物にしてみたり、娯楽映画のために改変されています。スティーブ・マックイーンジェームズ・ガーナー演じる米兵は実在しません。実在の人物のキャラクタを寄せ集めて、創作された人物のようです。でも、ビッグXはほぼリアルに描かれているようです。

映画『大脱走』でジェームズ・コバーン演じるオーストリア人のルイス・セジウィックは実在の人物に近いようです。映画『大脱走』の中で一番好きなキャラクターです。飄々としたところが好きです。映画の中では長い足で自転車をこぎ、偶然知り合ったレジスタンスに助けられ、国境を越えることに成功します。
実在の人物はオランダ人のボブ・ファン・デア・ストック。脱走のときにはピレネー山脈を越え、スペインに入ったそうです。76名のうち国境を超えた3名のうちの1名です。
映画の中で彼は脱走の際に大きなトランクを持って逃げようとします。トンネルを通れないから止めろと言われても大丈夫だと意に介しません。実際の脱走でも同様なことああったようです。規定の大きさを越えるバッグや毛布を持ってトンネルを潜ろうとして、トンネルを壊して脱出が中断するということが何度かありました。
大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』には、ロジャー以外の脱走兵の足取りも紹介されています。映画で見たようなエピソードも散見されます。映画は史実を再構築して娯楽映画に仕上げているのです。

これ以上書くと映画の話になるのでこの辺で。

さて、本数珠つなぎの7冊目は史上最大の作戦にしました。これも第二次世界大戦を描いた映画になったノンフィクションです。『大脱走』の同じ筑摩書房のノンフィクション全集に収録されていました。
大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』にも書かれていますが、大脱走は無駄な50人の死人を出しただけとの批判もあるようです。
大脱走が行われた1944年はドイツ軍の崩壊の兆しが見られていました。大脱走は買収されたドイツ兵無くして成功しませんでした。ドイツ軍の規律、戦意の低下につけこんで、彼らを買収し、物資や情報を手に入れていたのです。いずれ崩壊すると分かっていたのだから、大人しくしておけばいずれ開放されていただろう、ヒトラーゲシュタポを刺激して50名もの処刑者を出さずにすんだはずだ、と批判者はいいます。
でも、脱走は捕虜に課せられた義務なのです。

脱走は将兵の義務である
敵の手中にあろうとなかろうと、戦士は戦士であり続け、戦いつづける

ビッグXはこの将校として戦士として、敵国の中でドイツ軍と戦っていたのです。

事実、半年後にノルマンディー上陸作戦により連合軍は欧州に上陸し、ドイツ軍、ヒトラー軍事政権の崩壊が始まるのです。

ということで、次は史上最大の作戦です。