週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

パンク修理はブレックファーストのまえに ~つまり、パンク修理は朝飯前


夕日を見に娘とひとっ走りしようと自転車の準備。今週は夜になるたびに発熱を繰り返し、平日に自転車にのることができませんでした。6日ぶりなので空気入れは必須です。
一点豪華主義の赤いバルブキャップを外し、空気入れの基本通りにプシュッと軽く空気を抜こうとバルブコアを押します。

  プシュッ

さあ、楽しい自転車が始まるぞという、景気のいい音がするはずが、

  すかっ

音こそしませんが、バルブコアが引っ込まない。デジャブー。またスローパンクです。

  

mono93.hatenablog.com

 
今度は前輪。期待の後輪のパンクではなく、前輪のパンク。残念!

 


f:id:mono93:20170622222101j:image

夕日はパンク修理を待ってくれません。娘をまたすのも気が引けます。暇つぶしの文庫本をポケットに突っ込んで、妻のクロスバイクで出発しました。
日没を待つ間、娘と少し塾の話をし、持ってきた本を読みました。読んだのは謎解きはディナーのあとで東川篤哉著(小学館文庫)。

筒井康隆富豪刑事の現代版と言ったところでしょうか。違うのは金に物を言わせて事件を解決しないところ。きちんと推理で事件を解決していきます。コミカルですが、本格的な推理小説でした。短編の連作ですが、ワンパターンにならないように色々仕掛けてあります。いずれ続きを読んでみましょう。

 

  



てなことがありまして、翌朝、パンクの修理をしました。妻がなかなか起きてこず、朝食がいつ始まるかわからないので、その前にパンクの修理です。
パンク修理は朝飯前です。もう慣れました。文字通り、朝飯前になりました。

さて、期待を裏切った前輪のスローパンクの原因ですが、またしてもバルブをチューブの取り付けるゴム座の外側の穴でした。ゴムが二重になっているゴム座の外側が、肌荒れのように網目に割れているのです。

f:id:mono93:20170622222005j:image
前回の後輪のパンクと同じような割れ目が網状に広がっていました。
前回のパンクは自転車屋に修理してもらいました。リムが擦れているのではという見立てでしたが、リムと擦れて、これだけ広い範囲で擦れることはなかろうと思います。前輪のリムをこの目で見ましたし、触ってみましたが、擦れるようなところはありませんでした。
前後連続のスローパンクの原因は、チューブが粗悪品だったのではないでしょうか。
チューブは購入時のものそのままです。チェンシン(CST)というメーカーのものでした。Amazonの打ち込みを見ますと評判は今ひとつ。三日でスローパンクしたとの書き込みもありました。


交換したチューブはシュワルベのチューブです。愛用しています。というかこれしか知りません。こちらはAmazonでの評判も良いようです。クロスバイクの頃から使っていますが、不満はありません。バルブが短めのものを選んでいますので、空気を入れるときにバルブヘッドを差し込みやすくて気に入っています。

前後とも定番のチューブに交換しました。しばらく様子見です。これで同じ箇所がパンクするようでしたら、リムを疑ったほうがよさそうです。そのときはいよいよホーイールの交換でしょうか?


『真贋』吉本隆明著(講談社インターナショナル) 水を飲もう


ダ・ヴィンチ』という本の雑誌があります。

ddnavi.com

もう十年以上前になりますが、読書に夢中になっていたころ、新刊情報を毎号チェックしていました。何年前かは忘れましたが、『真贋』というルポものの書籍が来月出版と数ヶ月にわたって掲載されていました。

いつになったら出るんや

と、毎号楽しみにしていた記憶があります。
結局、出たのか出なかったのかは記憶にありません。

先日、図書館で単行本の棚をうろうろしていたとき、『真贋』というタイトルが目に入りました。
出てたんや!
と、つい嬉しくなり迷わず借りました。
家に帰り、どんだけ苦労した本なんやろ、おもろなかったら怒るでしかし、と横山になった気分で表紙を見ると

吉本隆明

思想界の巨人と呼ばれている人じゃないですか。タイトルが同じなだけで、出版が延びていた『真贋』とは別のでした。

恥ずかしながら、娘さんの本は読んだことがありますが、吉本隆明ご本人の本は読んだことがありません。名声を知っているだけで、理屈っぽい人なんだろうなというイメージです。なので敬遠していましたというか、読んでみようとも思いませんでした。
そういう訳で、勘違いが元とはいえ、初めての吉本隆明です。

理屈が捏ねられ途中で嫌になるかなと思いきや、平易な語り口で流れるように読めました。それもそのはず、吉本隆明へのインタビューから起こされた書籍のようです。口述なので読みやすくて当たり前です。
書かれている内容も特に違和感なく入ってきます。もちろん、そうじゃないだろうと思う方もおられましょうが、私は受け入れられました。すんなりと入ってくるのです。
でも、その水を飲むような感じでもあるので味がしません。食った! という満足感がありません。血糖値が上がらないのです。身体に悪い訳では無いのですがなんだか物足りない。引っ掛かりがないので印象が残らないのです。

メモを取っておいたのでが、後で読み返してみて、なんの話か忘れてました。
きっと、インタビューではなくペンを持って書いた文章はガツンとくるのでしょう。きっと歯ごたえがあるのでしょう。
いえ、平易に語れるということは書かれる文章も平易なものかもしれません。堅い表現で書かれていても、染み渡ってくる文章かもしれません。じゃあ、すぐに読んでみようかとは思いませんが、機会があれば読んでみようかと思います。

そんな中でも印象に残った言葉。


(文学は)自分にとっての慰め

 



吉本隆明推している作家は、夏目漱石森鴎外太宰治武田泰淳

 



戦争自体は凶悪であっても、その中で暮らす一般の市民や庶民は、正しい倫理を守っている。
(でも行き過ぎはだめと戒めている。)

 



戦争中は、(中略)いまと比べれば、はるかに健康的な人が多かったのです。

 



もっと立派な言葉もあるのでしょうが、とらえどころが無くて書き抜きにくいのです。
色んな書評を見てみますと、結構絶賛されています。書かれている思想はなるほどと頷くばかりですが、読み物としての歯ごたえとしては物足りないと思うのです。
なんていうと、しっかり噛んで味わえと言われそうですね。

しっかり噛んで味わうというとスルメを比喩に使いたくなりますが、歯ごたえがありません。
お米に例えようと思いましたが、腹にたまった感じがありません。
ここは水かなと思います。
すっと身体の中に入り、浸透していきあとは残らない。一口に水といっても硬水、軟水と種類があり、味も違います。私は Evian が嫌いで、Volvic が一番好きで、後はどうでもいいかな。
というわけで、『真贋』は水ですね。大事な水です。命の支えです。水がなければそもそも生命も生まれない。そこら中にあるようでない。ないようである。水ですよ。とそこまで大げさとは思いませんが。

寝起きの一杯、と言われます。朝から小むづかしい本を読む気にはなれませんが、一日いっぱいは飲みたいところです。

最後にひとつ。

吉本隆明親鸞が好きなようです。親鸞の小説を読んだばかりですので、吉本隆明の書いた親鸞の本でもいずれ読んでみましょうか。

 

mono93.hatenablog.com

 

お茶漬けサラサラ

みなさん、おはようございます。
健康診断で要観察だったmono93です。

二週間ほど前、ラジオ風に書いてみたら結構書きやすかったので、今回もラジオ風にしようかなと。

 

mono93.hatenablog.com

 

前回のラジオで、ブログってFMミニ放送局みたいなもんだよね、と言いましたが、人気のブログも大概こんな書き方です。

あいさつから始まって、やや自虐的なキャッチコピーのついた自己紹介。

それから、ちょっと日常生活に触れて本題に入ると、やたら改行して。

ひとりツッコミも欠かせません。

読みやすいけど頭には入らない。書いていてもなんだかまとまりがない。柔らかくてリラックスできて、書き手も読み手も楽かなあ、とは思います。でも、なんか求めているものと違う。何を求めているのか分かりませんが。
芸がなくてつまらないなあ、と思いつつも、楽なんですよ、この語り口。あ、倒置法の体言止めも多いですね。
池波正太郎を読むと、オレにも書けそう! と思うのと似ていますかね。そう簡単にはいかないよ、と。

いやいや、今日はそんなことではなくてお茶漬けの話。
インターネット時代のラジオ、podcastで聞いた話題なので、今日はラジオ風にいきましょう。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「オープニング」


podcastでお茶漬けの話題が出ていました。

 

f:id:mono93:20170607213837p:plain

 

最近、お茶漬けしないよね?

 

確かに。

子供の頃はやってましたね。大阪の祖父母が「ぶぶ漬け*1が好きでした。父も好きでした。胃が痛いと言いながら、最後に霰を乗せてお茶漬けしてました。母には、胃が悪いくせにとよく叱られてたっけ。
そういや味噌汁をかけて食べたりもしました。これをやると母にきつく叱られました。犬の餌でしょと。
ドッグフードがない時代、犬の餌は残飯でした。母の実家で犬を買っていましたが、鍋にご飯を入れて味噌汁をかけて炊いて、余ったおかずを乗せたのが犬の餌でした。
でも、味噌汁かけると美味しいんですよね。最近はやってないなあ。
一度娘の前でお茶碗にお茶を入れたら妻に叱られました。残ったご飯粒をキレイに食べようと思っただけなんですけどね。
昔はご飯粒をキレイに食べ、軽く茶碗を洗う意味もあって、お茶なり白湯を茶碗に注いで飲んだものです。

とまあ、ラジオ風は雑談が続きますね。後から書き直すと話の流れが変になるし、途中で中断すると流れが変わっちゃう。垂れ流しです。

さて、お茶漬け。podcastではお茶漬けをしなくなった理由を三つ上げてました。

  • おかずが豊かになり、空腹を満たすためにご飯だけを食べることをしなくなった。
  • おかずが豊かになり、お茶漬けしなくてもご飯を食べられるようになった。(ふりかけも要らない)
  • 電子レンジが普及して冷や飯を温かく食べられるようになった。


その通りだと思いますが、僕はもう一つ加えたい。

  • お茶が食卓から消えた。


昔は食事のあとは急須でお茶を煎れたものです。今はそんなことしません。
うちは妻がやかんで煎れたウーロン茶です。たまに急須でほうじ茶を煎れることもありますが、冬にウーロン茶を切らした時ぐらいです。
今はペットボトルのお茶が多いのではないでしょうか。それとも水かな。
水といえば、マンションの段ボール置き場には必ず天然水の箱が捨てられます。チェーンの洗浄に使うのにちょうどいいので重宝しています。サイズがピッタリなんです。

いや、自転車ではなくお茶漬けです。

そういや急須だけではなく、お茶の間ちゃぶ台なんてお茶関係が消えていってますね。ちゃぶ台は「卓袱台」で「茶」はありませんけど。

CMの間にちょっと調べてみましたが、卓袱台の「卓袱」は中国語で脚のついたテーブルのことだそうです。
ええ、いつの間にかCMでしたよ。寝てました?

緑茶を家で入れる家庭はどれくらいあるのでしょう。ペットボトルの緑茶も多種多様で美味しくなってきましたが、急須のお茶の味とは違いますよね。温かければいいものではない。急須で入れたお茶。飲みたいなあ。

そういや接待でも湯飲みに入ったお茶は出なくなりましたね。今は殆どペットボトル。小さな会社や事務所に行くと、まだお茶やコーヒーを出してくれますが、大手に行くとペットボトルですね。野郎が出しても失礼な感じはしないし、後片付けも簡単。よろしければお持ち帰り下さいと。僕の引出にはそんなお茶や水が4本入っています。

急須で入れるお茶が消えていっているんですね。

ってことで、行き詰まりましたので、今日はこの辺りでさようなら。

気が向けばまたしゃべるかもしれません。


*1:大阪弁でお茶漬けのこと