週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】目下の悩み その6 ZONDAってどうだ?

おもろいタイトルになった、ダジャレは言葉遊びの基本、ということはおいといて、

ホイール買っちゃいました。だってカスタマイズで素人でも実感できるのは、ホイールとタイヤというじゃないですか。

どんな本を読んでもブログを読んでも、ホイールのアップグレードの効果を絶賛しています。素人が最も効果を実感できるカスタマイズがホイール交換だと言っています。


タイヤも効果アリと言われます。タイヤの効果はクロスバイクで実感しました。

f:id:mono93:20170917211004j:image

もともと32Cの太いタイヤが着いていましたが、傷んできたのを機に買い替えた際、ひとつ細い28Cのタイヤに交換しました。その効果を実感しました。追い風のとき、楽になったのです。タイヤの太さでスピードが変わることを実感しました。
であれば、ホイールの交換も効果絶大に違いまりません。たまによく分からんかった、と書いている人もいますが、効果ありと断言する人が大多数です。
ということで交換することにしました。

で、色々調べて財布と相談した結果、CampagnoloのZONDA C17に決めました。初めてのホイールとしてハズレなし、迷ったらZONDA、最低でもZONDA、みたいな書き込みが多いのです。見た目もかっこいいですし、なんたってお手頃価格。安くはないけどなんとかなるレベル。


でも、一年もすれば必ず10万円超えのホイールが欲しくなるので、最初から10万円超えとけ! という悪魔の囁きもあります。5万円クラスのホイールは物足りなく、結局高いものが欲しくなるから無駄になるというわけです。

なるほど。(こういう囁きには乗っかりやすいですね)

で、ワンクラス上も考えました。
でも、私には合わないようです。

私がホイール交換で得たいものは、

遠くまで楽に走ること

です。いわゆるスピードではありません。でも、遠くまで楽に走ることと速く走ることは親しいと考えています。
時間は限られています。限られた時間の中で遠くまで走るには、速く走る、休まずに走る、この二つしかありません。10kmを20分で走ったとか、前を走るやつをぬいたとか、そういう速さではありません。レースする気は全くありません。速く走った結果、遠くまで行けた。欲しいものはそこです。サイコンの速度が気になるのではなく、サイコンの距離と時間が気になるのです。距離は長く、時間は短く。そのために速さが必要なのです。
と同時に、遠くまで走るには長く走る必要があります。長く走るためには休まないことが必要で、そのためには疲れないことが肝要です。疲れないためには無駄なエネルギーを消費しないこと。と同時に、外からのストレスをいかに低減するかが求められます。外からのストレスに対応するために費やすエネルギーの無駄をなくすことです。

つまり、遠くまで楽に走るために、

速く走ること

無駄をなくすこと

が求められます。
と偉そうなことを書いていますが、正解なのかどうかはわかりません。私はそう考えます。

で、速く走るためにホイールに求められるものは、軽量剛性のようです。
軽いと回しやすいので速く走られる。少ないエネルギーで速く走ることができるのです。無駄なく速く走る。そのためにはホイールは軽量のほうがいい、ということになります。
また、剛性があるとペダルを回すエネルギーが効率よく回転に変わる(ですよね?)ので、無駄がなく、結果、速く走られる。
しかし、剛性が強いと地面の振動がもろに身体に伝わってきます。ガタガタ道は色んな面で疲れます。疲れだけではなくお尻や手の痛みにもつながり、メンタル面でもマイナスです。
そのため、ヒルクライムやレースなど比較的短時間で勝負するような乗り方なら剛性が強いに越したことはない、ロングライドの場合は疲労を少しでも減らすためには、柔らかいホイールが地面から伝わる振動を吸収してくれる方がいい、というわけです。

で、10万円のホイールの話に戻ります。
ZONDA C17にはワングレード上のSHAMAL ULTRA C17があります。買うなら一気に10万超え、という悪魔の囁きにワングレード上にしようかと悩みました。

 

でも、ワングレード上のSHAMAL ULTRAは剛性が高く、ロングライドに向かない、というレビューがありました。ヒルクライム目的でなければZONDAで十分、とまで書かれています。
もうひとつ、剛性が高いゆえに候補から外したのが同じ価格帯のFULCRUM RACING 3です。

こちらはZONDAに比べると剛性が高く、やはりヒルクライムならRACING 3オールラウンドならZONDA、みたいなレビューがほとんどでした。

ならば、ZONDAで決まりです。

ZONDAはカッコいいです。カッコよく乗りたいという思いもあります。他人からカッコよく見えるかどうかという問題はありますが、その積りではいたいと思っています。

初めてのホイール交換ですので、いろいろ調べました。候補に上がったのは、ZONDA、RACING 3です。
いずれもアルミホイール。カーボンは最初から考えていません。フレームがクロモリですのでアルミのほうが合うだろうと。それと詳しくは調べていませんが、カーボンにはカーボン用のブレーキシューが必要だとか、ともかくカーボンは面倒くさそうです。なのでアルミ。
それと、シマノも対象から外れていました。理由は簡単、地味だから。実用のみならシマノもありでしょう。でも、見た目とか、変わった感も楽しみたいのです。地味だといわれるとどうも……。スニーカー買うならナイキ、みたいか感じでしょうか。

というわけで、ZONDAで決まり!

だったのですが、気になることが一つ。
特殊なスポークの張り方をしているのでフレが起こりやすいそうです。定期的にフレ取りが必要だといいます。そこまで敏感な変化を感じ取れるとは思えません。ZONDAはフレがゼロになることはないという辛口コメントも見かけました。気にせず乗るとは思うますが、そう書かれると気になります。
フリーのグリスアップも定期的にしないといけないようです。メンテの楽しみの一つとは言え、面倒なのは嫌。

ZONDAで本当にいいのだろうか?

ということで、長くなったので続きます。

 

 

 

【自転車】バーコン ぱきぱき

とある自転車屋に電動デュラエースのデモ機がありました。ハンドルとシフターとディレイラーが展示台に設置してあります。触ってみました。
楽しい。シフターのレバーを押すとガチャガチャディレイラーが動く。レバー、というかボタンを押すだけで、ギアが小気味よくガチャガチャ切り替わる。
感心したのが、前がアウターのときに、後ろをローにすると勝手に前がインナーに落ちることです。逆も自動で動きます。ロードバイクなりクロスバイクを買った時に必ず注意される、斜めのギアのポジションを自動で避けてくれるのです。こりゃ便利。オートマやんけ、と思いました。

DURA-ACE R9150シリーズ

いずれは、クランクへの負荷や回転スピード、車体の傾き、心拍数などから勝手に適切なギアに切り替わるようになるんでしょうな。そこまでまくると本当のオートマ、AIの世界ですね。

でも、それって楽しいの? と思います。実用で乗るならそれでいいでしょう。でも、趣味で乗るならマニュアルの方が楽しそうです。自分で考えながらギアを選び、切り替える。ときには失敗した、タイミング間違った、なんてことがありますが、それがまた楽しいのです。
レースならどうなんでしょう。ただひたすら漕ぎ続けるだけで早く走られる。ただ漕ぐだけ。楽しいのでしょうか?

 

愛車はブルホーンバーですので、先っちょにマイクロシフトのバーコンを付けてます。Wレバーよりハンドルから近いのでバーコンにしました。

www.khsjapan.com


STIレバーの方が便利なのは分かっています。バーコンに比べれば、オートマぐらいに楽だと思います。指先でちょいちょいとやればギアチェンジできますから。

f:id:mono93:20170905062931j:image
バーコンは手元にありませんし、シフトダウンのときは握って起こす必要があります。その間、片手運転ですし、勢いよくシフトレバーを引っ張るとハンドリングにも影響します。ギアチェンジの度にハンドルから手を離し、シフトレバーを握ってぱきぱきチェンジ。面倒かつ疲れます。

でも、バーコンが好きです。自動車のマニュアル車に乗っている感覚です。営業車ならオートマがいいでしょう。渋滞中もオートマでしょう。でも、ドライブはマニュアルの方が運転している感があります。バーコンはその感覚に近いのです。先を読んでハンドルから手を離してシフトを操作する。機械を操作している感じ。ワイヤーを手で引っ張っている感覚。バーコンぱきぱき。好きなんです。

f:id:mono93:20170904221159j:image

バーコンのメリットは、コンパクトなので見た目スッキリ。ドロップハンドルにデカいSTIレバーの見た目はどうしても好きになれません。バーコンは見た目勝負です。とはいえ、人によってはカタツムリの触覚みたいで嫌だといわれるでしょうけど。

もう一つのメリットは、どこのギアにチェーンがいるのかなんとなく分かるところ。シフターの角度でギアのポジションが分かるのです。このアナログ感が好きなのです。

荒川CRを走っていると、たくさんのロードバイクとすれ違い、たくさんのロードバイクに抜かれます。Wシフターは数台見たことがありますが、バーコンは見た記憶がありません。TTな方は付けているのでしょうから、見落としもあるでしょう。早いのでみてららないというのもありますが。
ともかく皆さん、STIです。楽そうです。羨ましいです。やっぱりドロップハンドル+STIにしようかなと一時間おきに考えます。でも、やっぱりブルホーンバーとバーコンが好きです。
バーコンぱきぱき。マニュアル車チックでアナログなシフター。ぱきぱきが好きなのです。

【自転車】目下の悩み その5 ステムかブルホーンバーか

 

ステムを交換しました。

10cmから2センチ短くし、8cmのステムです。晴海にポダリングに行った際、自転車屋を見つけ、買いました。シマノプロ(SHIMANO PRO) LT ステム(1-1/8"・クランプ径31.8) ブラックです。 

衝動買いでした。その店で一番安いステムにしましたが、シマノのブランドです。といいますか、8cmのステムはそれしかなく、選択の余地がありませんでした。まあシマノだから安心だろうと。

 

www.pro-bikegear.com


店を出て、近くの川沿いのベンチで交換作業。シルバーのステムから黒のステムに変わり、ちょっと違和感がありますが、カスタマイズ感があっていい感じかな。ハンドルは黒ですしね。
交換して走り出すと快適。ブレーキが近くなりました。

f:id:mono93:20170829225030j:image

ブルホーンバーですので、ブレーキレバーはバーの先端にあります。シフター(バーコン)も同じです。先に差し込んであります。ブレーキもシフターも一番遠いところにあるのです。

攻めのブルホーンバーですので、攻める(速く走りたい)人はバーの先端の方を握って深い前傾姿勢をとればいいでしょう。ボクはのんびり走りたいので、深い前傾姿勢をキープするのはつらいです。体幹もありませんしね。
そんなことを自慢してもしょうがないのですが、普段はハンドルの手前の方を握っていますので、停まるたび、ギアチェンジするたびに、腕を伸ばすのは面倒です。シフターはともかく、ブレーキは安全に関わる問題ですので、遠くにあるのはよろしくありません。
フラットバーを握ってゆっくり走るように、補助ブレーキもありますが、殆ど使っていません。補助ブレーキを使うには身体を起こす必要があるからです。それより前に倒れるほうが楽ですし、早いのです。でも遠い。
そこで、ブレーキを近づけることにしました。

そのためには三つの手段があります。

  1. ブレーキの取り付け位置を手前に動かす。
  2. ブルホーンバーの角(リーチ)を短いものに変える。
  3. ステムを短くする。

ブレーキの取り付け位置変更が手っ取り早いようですが、バーテープの巻きなおしを伴います。できればシフター(バーコン)も手前に持ってきたいので、あまりいい方法ではありません。見た目も間の抜けた感じになりそうです。

ハンドルの交換は面倒です。バーテープだけではなく、ワイヤー関係の張り直しが必要です。ということはディレイラーの調整も。素人には一日仕事になります。

簡単なのがステムの交換。十分ぐらいで終わります。ボトルを7本緩め、締めるだけです。フラット部が手前にきますが、だからといって乗りにくくなるわけではありません。

というわけで、ステムを交換しました。


結果、ブレーキが近づきました。ついでに、ブレーキレバーの角度を若干外向きにして握りやすくしました。今までよりブレーキングが楽になりました。
乗っている姿勢は実はあまり変わりません。ブルホーンバーは握る場所が前後に長いので、快適に握れる場所までの距離はステムの長さにはあまり影響されないのです。ステムが短くなって変わったのはブレーキ、そしてシフターまでの距離なのです。

ブレーキが近くなってめでたしめでたし――なのですが、もう2cmほど短くてもよかったかなと思いますし、いやいやそこまで短くするとフラット部を握ったときにさすがに窮屈ではないかという恐れがあります。より近くするには2つ目の方法のハンドルの交換に手を付ける方がよいかもしれません。

クロスバイクに乗っているとき、フラットバーを短く切り、端から端まで36cmにしました。ボクは肩幅が狭くなで肩なので、ハンドルは短めの方が楽なのです。
36cmのバーにバーエンドバーをつけていましたので、実際は38~39cmのハンドルの長さになります。
で、今のブルホーンバーは芯芯で40cm。端から端までですと42~43cmほどあります。感覚的にはハンドルが幅広なのです。


ハンドルを芯芯38cmに替えると、端から端までで40cm~41cm。クロスバイクで快適であった幅になります。
ハンドルを握るとき、外側から包み込むように握るというより、内側から手首を反らせてハンドルに手を載せている状態です。これだと、ブレーキレバーを握りづらいのですよね。
ハンドルの幅が狭くなると、外側から握るイメージに近づくので、ブレーキのポジションが近くなる効果も有るかと思われます。
あと、リーチ(ブルホーンバーの角の部分)を短くすれば更にブレーキが近づきます。
今目をつけているブルホーンバーは、とある自転車屋で現物を見ますと、今のプロファイルのブルホーンバーより1cmですがリーチが短そうなのです。つまり、1cmブレーキが近づきます。ハンドル幅も38cmですので、内側に1cmブレーキが近づきます。合わせて、2cm程近くなるわけです。
魅惑的ですよね。

でも、バーテープの巻きなおし、ワイヤーの張りなおし、ディレイラーの調整は面倒です。素人なので半日仕事になるでしょう。

はてさて、どうしたものでしょう。ラクにステム交換で行きますか? それともハンドルを換えますか?

というのが「目下の悩み その5」です。