週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【自転車】アームカバー。大阪のおばちゃんに学ぶ

熱中症の危険性

最高気温33度、運動は原則禁止と熱中症の危険性喚起情報が出る中、81km走りました。荒川を1時間上り、隅田川に沿ってくねくね1時間南下し、お台場から若洲海浜公園葛西臨海公園と走りました。自己新記録です。
半分ぐらいは風速5mを越える向かい風でした。ヘロヘロです。目標まであと19km。コースや天候に恵まれれば100km走れそうです。


f:id:mono93:20170723101038j:image


いや、しかし暑いですな。ぼうっとしてきます。疲れでぼうっとしているのか暑さでぼうっとしているのか。無理しないようにと心がけていますが、ぼうっとしてきます。

ぼうっとしていて自転車を倒してしまいました。
自転車から降りて信号待ちをしていました。豊洲の人が多い交差点でしたので、自転車から降りて歩いてわたろうと思っていました。
信号を待っている間、自転車を自分に立てかけていました。何の拍子か自転車が向こう側にゆっくり倒れていきました。とっさに手が出ませんでした。疲れで動きが鈍ったのでしょうか。初めてRaleighを倒しました。ディレーラーに歪みはなさそうですが、少し傷がつきました。
とっさに手が出なかった。ちょっと危険だなと思い、その後は積極的に休憩を取りながら走りました。

 

暑さ対策その1 首を冷やす

夏の自転車は暑さ対策が肝心です。
暑さ対策として、首を冷やすスカーフを巻いています。クールスカーフとかサマースカーフと呼ばれているもので、高分子吸水材が入ったスカーフです。水を含ませ、首に巻くと気化熱が奪われるので首がひんやりします。

はっきりいって、効果の程はよくわかりません。妻が巻け巻けというので巻いているだけです。
首に巻いた瞬間は冷やっ、としますが、走っていると巻いていることすら忘れます。
去年の夏、いつもまにか解けたようで落としたのですが、帰ってから妻に洗うから出せと言われるまで落としたことに気が付きませんでした。
効果があるのかないのか、暑すぎてよくわかりません。


暑さ対策その2 アームカバー

もうひとつ、暑さ対策というか日差し対策をしています。アームカバーです。大阪のおばちゃんの夏の三種の神器の一つですね。

大阪のおばちゃんの三種の神器は、さすべぇサンバイザーアームカバーです。

blog.goo.ne.jp

 

大阪のおばちゃんの象徴 さすべぇ

さすべぇはご存知、自転車用の傘スタンドです。片手運転せずに傘をさせるすぐれものです。さすべぇ~は見慣れたアイテムだったのですが、大阪限定だったんですね。そういえば東京に出てきてさすべぇ~は見ませんね。


ロードバイクにこのさすべぇはちょっと……。違法なのかどうなのかグレーゾーンらしいですし。

zxcvb64.blog.so-net.ne.jp

 

主婦の味方 サインバイザー

サンバイザー。合理的なアイテムだと思います。日差しよけとサングラスを兼ねています。サンバイザーは自転車に乗るときだけではなく、洗濯物を干したり犬の散歩をしたりするときにも役立ちます。妻がこのサンバイザーをかぶったときにはちょっと引きましたが。ついにきたかと。 


ロードバイクの世界ではシールドとか呼ばれるものがありますが、まあ似て非なるものですね。


 

女性の味方 アームカバー

で、アームカバー。おばちゃんの必需品であり、女性全般の必需品です。自転車だけではなく、車の運転でも使われていますし、若い女性でも日焼け防止に使っています。

おばちゃんがアームカバーをしているのを見ると、だったら最初から長袖着ろよと思っていまいた。見た目もよろしくないし、袖なしの服の場合、肩がむき出しで意味ねえだろうと鼻で笑っていました。
ロードバイクの人たちがアームカバーをしているのを見て、おばはんやんけ、と冷ややかな目で見ていました。

しかし、腕の日焼け(つまりやけど)で痛い思いをして、しばし悩んだ挙句にアームカバーに手を出してしまいました。

UVアームカバー | Y's Collection ワイズコレクション

 

おばはんになってもうた……

 

でも、アームカバーの快適さには代えられません。

確実に日焼けを防げます。でも、買ったアームカバーのUVカット効果は低いのか、少し焼けているような気がしないでもありません。日焼け止めを塗ってアームカバーをすれば完璧ですね。

もうひとつ、アームカバーの効果があります。水で濡らすのですひんやりします。濡らさなくても心持ちひんやりするのですが、水で濡らすと冷たいほどです。ぬるま湯になったドリンクボトルの水でも効果あります。暑い、もうダメだ、というときに、アームカバーを濡らせば蘇ります。腕だけではありますが、体全体に冷却効果が出ているような気がします。

であれば、長袖ジャージでいいじゃん、という話もあります。日焼けよけだけならばそれでいいかもしれませんが、水で濡らすには袖が外れたほうが便利です。
それと休憩のとき。アームカバーを外した時の開放感。気持ちいいです。

てなわけで、夏のアームカバーは必需品です。首を冷やすスカーフより効果を実感できます。止められません。

大阪のおばちゃんに学ぶ

大阪のおばちゃんは実利主義です。おばちゃんの真似をしても損はありません。
見てくれを気にしなければ……。

 

【自転車】夕方まで氷が溶けないステンレスボトル

 

f:id:mono93:20170719222042j:image

 


夏はとにかく水分補給

できれば冷たいもの。冷たい水を飲み続けるとお腹の調子が気になってきますが、もうダメ、ってときに冷たい水を飲むと生き返ります。
サイクリングにおいて冷たい飲み物をどうやって確保するのか、重要な課題です。

 

 

自販機やコンビニで補給し続ける

手っ取り早いのは、自販機やコンビニで補給し続けることです。

でも、飲み残しはぬるくなる、コースによってはそう都合よく買う場所はない、高くつく、面倒くさい等々いろいろ問題があります。
荒川サイクリングロードを走っていて、ドリンクが切れたとき、防波堤を上って下りて自販機を探して……というのは億劫です。やはりサイクリングロードはノンストップで走りたい。

たまにこういうこともありますしね。

f:id:mono93:20170719222248j:image

のどカラカラでやっと見つけた、千葉マリンスタジアムの自販機がこれですよ。

千葉ロッテマリーンズは絶対に応援しません。

 

ドリンクボトルの保冷力

となると、ドリンクボトルの保冷力に頼るしかありません。
保冷力をうたうドリンクボトルは種々ありますが、ネットの書き込みを見る限り、せいぜい一時間のようです。ドリンクボトルを二本持っていき、一本目を飲み終わる前に、二本目がぬるま湯状態になります。

www.beckon.jp

www.cycle-gadget.com


かくいう私もキャメルバックのボトルを使っていますが、氷をぎっしり詰め込んでも、30度超の中を走ると1時間持ちません。冷たいなと感じるのは30分程度です。


 

対策として半分だけ水を入れたボトルを斜めにして凍らせる方法があります。全部を凍らせると直ぐに飲めないので、半分だけ凍らせるわけです。出発前に残り半分の水を入れれば、冷たい水がいつでも飲めます。

ところが、家の冷蔵庫は冷凍庫が狭く、とてもドリンクボトルを斜めに入れるスペースはありません。二本なんて到底無理です。

 



なんとかならんものかとネットでいろいろ調べ、ステンレスの保冷ボトルを見つけました。

B.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E シルバー

www.unico-jp.com

www.unico-jp.com

 

評判が良さそうなので買いました。


 

奥さん、いいですよ、これ。


朝、九時ごろ出発します。ステンレスボトルとドリンクボトル(キャメルバック)の両方に氷を詰め込み、水を入れて出発します。
ドリンクボトルの水を先に飲みます。一時間もすれば、ぬるま湯です。空になったところでコンビニか自販機で冷たい水を補給します。それまでは、ステンレスのキンキンに冷えた水でしのぎます。
ステンレスボトルは四時頃でも氷が残っています。35度を超える猛暑日でも、夕方まで氷が残っているのです。
夜、妻がボトルを洗ってくれましたが、まだ氷が残ってると驚いていました。

いや、奥さん、すごいんです。


保冷力がありますので、保温力もあります。冬は温かいお茶を入れて持ち出します。冬の温かいお茶は幸せです。

とまあ、いいことだらけですが、もちろん欠点もあります。

先ず重い。ステンレスですし、飲み口もしっかりしてますから、普通の水筒ぐらいの重さがあります。でも、1秒でも早く走りたいなど考えていないので、冷たさを優先します。

それから、キャメルバックのボトルのように走りながら飲めません。飲み口が弁になっていないのです。走りながら飲むことは不可能ではありませんが、こぼすの覚悟ですね。

もうひとつ。ボトルケージを選びます。ミノウラのボトルケージに入らないことなないですが、ねじ込まないとダメです。ボトルのボディにゴムがまいてあります。これが痛みます。このステンレスボトルには推奨のボトルケージがあります。デザイン的に好みですので取り替えました。いい感じです。


とまあ、欠点はありますが、それを補って余りあるメリットがあります。とにかく保冷力がある。これに尽きます。35度超の猛暑日でも、夕方になっても氷が残っている

幸せです。

ならば、2本ともステンレスボトルにすればいいじゃないかと思いますが、走りながらの水分補給も考えると、1本は弁がついたドリンクボトルが欲しいですね。


  

【雑談】MOLESKINE ウィークリーノートブック 7年目突入


今年もモレスキンウィクリーノートブックを買いました。ソフトカバーのブラックです。3400円。子持ちの安サラリーマンにはお高い買い物。でも、これがいいのです。

モレスキンの薀蓄はこちら→ https://www.moleskine.co.jp/

 気どりたくてモレスキンを使うのではありません。スケジュール帳に求めていることのほとんどを、この手帳が満たしているのです。他にはない。これしかないのです。

私がスケジュール帳に求めているものは、

  • ウィークリーである。
  • 月曜始まりである。
  • 左がウィークリーのカレンダーで、右はメモのページ
  • 18ヵ月使える。

この仕様のスケジュール帳はなかなかありません。特に18ヵ月のスケジュール帳はなかなか見つかりません。

仕事で使うので、月曜始まりが都合がいいのです。入社以来、流通に対する営業ですので、週末の土日に向けて営業活動をします。月曜から始まるのです。月金で頑張り、土日にその成果が出る。そんな仕事です。
今は特に週末を意識することのない営業ですが、月曜始まりの感覚は抜けません。スケジュール帳も月曜始まりがいいのです。

それと18ヵ月。半年以上のスパンで日程を把握しなければなりません。今月始まる仕事のゴールは来春です。となると、7月から翌12月というスケジュール帳は都合がいいのです。

更に左が日程、右がメモというページ構成は、日程管理と同時に覚書もできますので便利なのです。

というようなスケジュール帳がたまたまモレスキンでした。
広げると180度広がるので書きやすいですし、何より紙の質、目に優しい色が好きです。ゴムバンド付きなので、カバンの中で広がりません。ページが折れることもありません。離せなくなりました。もちろんモレスキンという意識高い系の文具というところもありますし。

初めはポケットサイズの小さいものを使っていました。仕事が変わり、一日の予定が増えると、ポケットサイズでは書ききれなくなり、大きめのノートタイプ(L)に変えました。ポケットサイズが3冊、ノートタイプが4冊目ですので、7年目に突入です。

もちろん不満もあります。唯一の不満です。それは日本の祝祭日が分からないこと。いつ休みなのかわかりません。
なので、新しく買ってから先ずやることは、土日祝祭日に赤ペンでマークしていくことです。前のスケジュール帳と半年かぶっていますので、書き写す作業もあります。いずれも面倒ではありますが、新しくスケジュール帳に向かう楽しい儀式です。

さて、先ずは休みのマークから始めましょうか。

あ、もう一つ不満があります。

年末にスケジュール帳を探す楽しみがなくなりました。