週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

【本】本数珠つなぎ 6冊目 『大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』

 

本数珠つなぎ6冊目は『大脱走』と間違えて借りた

大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』サイモン・ピアソン著(小学館文庫)

ポール・ブリックヒル著の大脱走は映画の原作となったノンフィクション。大脱走を俯瞰的に描いています。脱走の様子は詳細ですが人物の方はさらりとして、深く踏み込んでいません。

 

mono93.hatenablog.com

 

大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』大脱走のリーダーであったロジャー・ブッシェル少佐の34年の生涯を描いた伝記です。ビッグXと呼ばれたロジャーの人物像に迫った大作です。
大脱走は1944年。本作は2012年に上奏されています。60年以上の時が経ち、関係者の多くは亡くなっており、残された文献が中心になっています。その中にはロジャーの個人的な手紙が含まれており、彼の女性関係のだらしなさも明らかになっています。

そう、ビッグXは英雄ですが、それってどうなん? といった面もありました。
光が当たっているところだけでビッグXを語ると、

9ヶ国語をしゃべり、
スキーの国際大会に出るほどのアスリートであり、
ケンブリッジを出て弁護士となった文武両道の人物です。
統率力、判断力、人望、頭脳、勇気、実行力、そして反骨精神を持ち合わせた英雄です。
大脱走というビックプロジェクトを成し遂げただけのことはあります。

影の部分に目を向けると、

貴族社会に憧れ
女にだらしない男であり、
未練たらしく
自惚れ屋であり、
身勝手であり、
そしてスパイでした。
ノンフィクション、映画の『大脱走』では触れられていませんが、ビッグXはスパイだったと思われるのです。

捕虜のスパイ行為はジュネーブ条約違反だそうです。であるが故に、ビッグXことロジャーのことはあまり公にはなっていませんでした。ヒトラーを激怒させ、ドイツ軍を混乱させた大脱走という偉業を成し遂げた人物でありながら、実在の人物としてのロジャーは日の当たる場所には出てきていませんでした。その背景には、スパイ行為を行っていたと思われる影の部分があったからなのです。ジュネーブ条約違反ですから意図的に隠されていたのですね。

映画『大脱走』のビッグXにはどこか暗いところがありました。周りの登場人物の健全な明るさに比べ、陰気な感じが否めませんでした。スパイだったという影の部分を暗に演じていたのかもしれません。というと勘繰りすぎでしょうか。

映画『大脱走』に出てくる登場人物は、実在の人物を少し変えていたり、二人の人物を一人の人物にしてみたり、娯楽映画のために改変されています。スティーブ・マックイーンジェームズ・ガーナー演じる米兵は実在しません。実在の人物のキャラクタを寄せ集めて、創作された人物のようです。でも、ビッグXはほぼリアルに描かれているようです。

映画『大脱走』でジェームズ・コバーン演じるオーストリア人のルイス・セジウィックは実在の人物に近いようです。映画『大脱走』の中で一番好きなキャラクターです。飄々としたところが好きです。映画の中では長い足で自転車をこぎ、偶然知り合ったレジスタンスに助けられ、国境を越えることに成功します。
実在の人物はオランダ人のボブ・ファン・デア・ストック。脱走のときにはピレネー山脈を越え、スペインに入ったそうです。76名のうち国境を超えた3名のうちの1名です。
映画の中で彼は脱走の際に大きなトランクを持って逃げようとします。トンネルを通れないから止めろと言われても大丈夫だと意に介しません。実際の脱走でも同様なことああったようです。規定の大きさを越えるバッグや毛布を持ってトンネルを潜ろうとして、トンネルを壊して脱出が中断するということが何度かありました。
大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』には、ロジャー以外の脱走兵の足取りも紹介されています。映画で見たようなエピソードも散見されます。映画は史実を再構築して娯楽映画に仕上げているのです。

これ以上書くと映画の話になるのでこの辺で。

さて、本数珠つなぎの7冊目は史上最大の作戦にしました。これも第二次世界大戦を描いた映画になったノンフィクションです。『大脱走』の同じ筑摩書房のノンフィクション全集に収録されていました。
大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』にも書かれていますが、大脱走は無駄な50人の死人を出しただけとの批判もあるようです。
大脱走が行われた1944年はドイツ軍の崩壊の兆しが見られていました。大脱走は買収されたドイツ兵無くして成功しませんでした。ドイツ軍の規律、戦意の低下につけこんで、彼らを買収し、物資や情報を手に入れていたのです。いずれ崩壊すると分かっていたのだから、大人しくしておけばいずれ開放されていただろう、ヒトラーゲシュタポを刺激して50名もの処刑者を出さずにすんだはずだ、と批判者はいいます。
でも、脱走は捕虜に課せられた義務なのです。

脱走は将兵の義務である
敵の手中にあろうとなかろうと、戦士は戦士であり続け、戦いつづける

ビッグXはこの将校として戦士として、敵国の中でドイツ軍と戦っていたのです。

事実、半年後にノルマンディー上陸作戦により連合軍は欧州に上陸し、ドイツ軍、ヒトラー軍事政権の崩壊が始まるのです。

ということで、次は史上最大の作戦です。

 

      

【本】本数珠つなぎ 5冊目『大脱走』

 

本数珠つなぎの5冊目は、

大脱走』ポール・ブリックヒル

 

モンテ・クリスト伯→『巌窟王』→牢屋→脱走→映画『大脱走』→大脱走という流れです。

 

mono93.hatenablog.com

 

図書館には文庫本の『大脱走』はなく、筑摩書房『ノンフィクション全集』に収録されていました。
ノンフィクションといわれると、なんだか退屈な文章かと身構えますが、『大脱走』は小説のように読めました。登場人物は実名で、映画の登場人物と結びつかない名前が出てきます。でも、ほぼ同じ展開であり、読んでいると映画のシーンが次々と浮かんできます。読んでいる間、ずっと大脱走のマーチが頭の中で鳴響ていました。

しかし、信じられません。人が一人腹ばいで通るのがやっとのトンネルを、地下10メートルに掘るなんて、どうも信じられません。地下三階ということですよ。怖くないんですかね。それも数百メートル掘るのです。
さすがに数百メートルのトンネルには崩落を防ぐために天井を板で作ります。その板を調達するために、ベッドの板を間抜きするわけですが、よくドイツ兵にバレないものだと感心します。けっこう間抜けなんですね。ちなみに捕虜たちは監視兵のことを「とんま」と呼んでいたそうです。

脱走のために、ビッグXと呼ばれるリーダーの元、捕虜たちはそれぞれの役目を果たします。トンネル掘り、大道具、小道具、物資調達、書面の偽造、服の改造、情報収集。それぞれの専門性を活かした役割を担います。特に脱走に向けた特技がない者も、見張り役など脱走に向けた準備に協力します。
大脱走の面白さは一大プロジェクトというところにあるのでしょう。メンバーの専門性がフルに力を発揮し、一つの目標に向かって一丸となる。そうしたチームワークを越えたプロジェクトであるところに物語としての面白さがあるのでしょう。
ビッグXが無理難題をメンバーに命じます。平服を200着以上準備しろ、旅券、切符を200枚準備しろ、地図を1000枚揃えろ。命じられたメンバーは絶句しながらも、

分かりました、なんとかしましょう

と応える。そして成果を上げる。カッコいいですよね。
私も職場でそんな台詞を言ってみたいものです。

ということで『大脱走』の次は何を読みましょうか。
実は、図書館で『大脱走』を借りる際に、間違って大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』(サイモン・ピアソン著)という本を借りてしまいました。同じ大脱走ですが、リーダーのビッグXの生涯を描いたノンフィクションです。映画『大脱走』の原作ではありませんでした。
映画の原作にあたるポール・ブリックヒルの『大脱走』を読んだので、読まずに返そうとも思いましたが、せっかくですので読むことにしました。

ということで、次は大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』です。

 

   

 

【自転車】ホイール交換でクルクル楽しく

冬です。北風です。荒川河口付近に住んでいる者にはいい季節です。荒川サイクリングロードは、行きは向かい風だけど帰りは向かい風。いい感じです。

とはいえ、行きの上りは向かい風。疲れます。進みません。でも、最近はがむしゃらに向かい風に挑むことはしなくなりました。軽いギアでクルクル回して走るようにしています。時間はかかりますし、どんどん抜かれます。でも、疲れてヘロヘロになることはありません。すると追い風の帰りはさらに楽しくなります。

このクルクルとペダルを回すことが出来るのは、ピンディングシューズ軽いホイールのおかげです。今回はそのホイールの話。

 f:id:mono93:20171118095540j:image

 

 

ホイールを交換

ホイールを替えると走りが劇的に変わるといいます。ギア1枚分違うとか。
その噂を信じて投資しました。完成車についてたアラヤのリムから、Mavic(マビック)のKsyrium Elite2017 に履き替えです。

 

mono93.hatenablog.com

 

替えてから最初のこぎ出し。確かに劇的でした。「すごい」と思わず声に出ました。ギア1枚どころじゃないぞ、3枚ぐらい違うじゃないか!

それもそのはず、インナーになっていたのです。普段は前はアウターですが、ホイールを外すため、インナーにしました。交換後、そのまま走り出しました。そりゃアウターがインナーに変われば軽くて当たり前ですよね。ギア1枚どころの話じゃありません。

という間抜けな走り出しで、ファースト・インプレッションはぐだぐだです。いつものアウターに戻したときには急に重くなった感じがあり、第一印象はどこかに飛んでいきました。

 

 

500キロほど走ってみて

ホイールを交換して楽になりました。が、速くなった実感はありません。平均速度は数キロ速くなっていると思われますが、20キロが25キロになったとか、そんなことはありません。楽にペダルが回るようになった、というのが実感です。
クロスバイクの頃、タイヤを32から28に替えたときは、速くなったと実感がありました。今回のホイール交換では、スピードについてそこまで感じませんでした。でも、ペダルを回すのが楽になりました。

じゃあ、どう楽になったかという話ですが、こぎ出し(発進)流している間(巡航)、そして上り(登板)に違いを感じました。

 

発進:こぎ出し

第一印象がぐだぐだだったこぎ出しですが、いや、ギア1枚どころじゃないですね。2枚は軽くなった感じがします。
信号待ちからこぎ出すとき、グイッ、グイッ、グイッと踏み込んでいました。ホイールを替えると、グイッで終わりです。ひとこぎで加速に移れるようになりました。感動です。

 

巡航:流し

軽いのでがんばればスピードが出ます。がんばればスピードが出るのは当たり前。同じ速度を出すがんばり具合が違うだけです。
荒川サイクリングロードを走ることが多く、巡航速度は風に左右されます。なのでスピードが出るのは風の影響なのかホイールの効果なのかよく分かりません。
ホイールを調べていたときに、軽いホイールは脚力がないとつらいだけ、という書き込みを何度か見ました。軽いので実力以上にがんばりすぎて、スタミナ切れになるぞということです。
まさしくその通りで、向かい風でも交換前より楽にスピードに乗れるようになり、ついつい踏み込んでしまい、最終的にはくたびれてしまいます。
でも、軽くペダルが回るようになったのは事実で、あとはスタミナ、というか逸る気持ちのコントロールですね。

 

登板:上り

関東平野の河口付近に住んでいますので、近場に峠とかそんな本格的な坂道はありません。川を渡るときの橋、土手の昇り降りの坂ぐらいです。河口の橋はかなり高いので、それなりの勾配があります。急ではありますが短い上りです。
そんな軟弱な登板ですが、前はインナーにしないと辛かった坂もアウターでホイホイ上れるようになりました。ギア2枚ぐらいですかね。楽になりました。
以来、よほど向かい風が強くない限り、インナーを使うことがなくなりました。

 

 

ホイール交換は効果あり

入門レベルのホイール交換ですが、発進、巡航、登板に違いを感じました。カスタマイズするならホイール、タイヤから、というのは正解ですね。
ロードバイクの入門書にも、ロードバイクを買うときはフレームをワンランク落としてもホイールにお金をかけたほうがいい、とありました。
Webの自転車相談の記事にこんな問答がありました。(親のすねをかじっている)高校生ライダーが「高いロードバイクに乗らないとレースに勝てませんか」と問いました。プロライダーからは、「関係ない」と当たり前というか常識的な答え。でも、「タイヤにだけはお金をかけたほうがいい、タイヤなら数千円の投資だから」ともありました。
タイヤ効果の効果はクロスバイクのときに体験しました。ホイール交換の交換はロードバイクで実感。
足回りのカスタマイズは効果ありです。脚力が伴えばスピードアップ。なくても楽にペダルが回るようになります。

 

ピンディングとホイールでクルクル。クルクルとペダルが回ると風が気持ちいいんですよね。荒川サイクリングロードの向かい風も苦ではなくなりました。