週末は晴れ

自転車でスケッチしながら北海道を一周するのが夢

一点豪華主義その2 ベルもカッコよく

f:id:mono93:20170415163302j:image

一点豪華主義も「その2」となるともはや一点ではない。

という突っ込みもありましょうが、過去のことは忘れて一点豪華主義

 

今回の一点豪華主義はベル。ベルの四方山話はまたの機会に譲るとして、一点豪華主義のベル。豪華主義、豪華主義と七回も唱えている通り、悩みに悩んだお高いベルである。

 

きっかけは小3になった娘の一言。

「だっさ」

Raleighに付いてきたシルバーのベルを見て娘が笑った。

 

f:id:mono93:20170415163210j:image


確かにダサい。安っぽいシルバーの垢抜けないベル。無意味にでかい。ベルはコクピットの真ん中に鎮座している。目立つ。
自転車はカッコよく乗らなければならぬ。乗り手がなかなかカッコよくなれないので、せめて自転車はカッコよく。で、見つけたベルはベルに見えないベル。「KNOGのデザイナーとエンジニアがアルミニウム素材をCNCマシンで加工」したそうだ。音にもこだわっているという。これならRaleighに合いそうだ。「クラシカルだけど今」というマイ自転車のテーマにも合う。

KNOG Oi

 

ところが高い。2300円税別。Bianchiクロスバイクに付いていたベルが3個買えてしまう。

BBB 公式サイト | ビービービー ヘルメット サングラス | BBB | ベル | 001 | イージーフィットデラックス

 

だからといって三個も要らない。一個で十分だが、たかがベルに2300円もかけるのか。
悩みに悩み、娘と一緒にサイクルショップに現物を見に行き、娘があれならカッコいいとの言葉をもらい、前の一点豪華主義を忘れた頃に、「よし、一点豪華主義だ」と決断した。
できれば差し色のレッドにしたかったが、シルバーにした。サイクルショップにはカッパーしかなく、Amazonでポチ。

着いて早々に取付けた。いい感じだ。

 

 f:id:mono93:20170415163152j:image

 

これで娘に笑われなくてすむ。